「いじめ」をストーリーで救った話から・・・

1 / 4 ページ

僕はあるサービスを高校在学中に完成させる!と決意しています。


その決意を強く押したストーリーをお伝えします。


そして、この話を聞き「学生を支えたい!」もしくは「この問題を無くしたい!」


と共感して頂けた方は僕にメッセージをください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


僕の友人に「いじめ」に


めちゃくちゃ悩んでいたやつがいたんです。


名前は「歩」


そいつは初めはとっても明るい普通の女子高生だったんです。



だけど高2の二学期を過ぎてから異変が起こりました。


そいつは目に見える怪我がどんどん増えていき


目がどんどん虚ろになっていったんです。


そして僕はある日、驚愕の事実を知りました。


忘れ物をして学校に戻ったんです。


自分のクラスに取りにいき帰ろうとすると


音楽室からすすり泣きの声が。



僕は不審に思い、少しだけ中を覗くと


そこには驚愕の光景が広がっていました。


歩の担任が音楽室の隅っこで


歩に暴力をふるいながら

みんなの読んで良かった!