猫をブログで救う!!

 僕の学校にはある秘密がある。

 それは「たくさんの猫たちがいること!」

そのおかげで色んな猫たちに笑顔にされてきました。





しかし、猫たちが僕たちに笑顔を運んでくれていた裏には

大きな陰りがあった。

それは

僕の学校にいる猫たちのほとんどは

「飼い主に捨てられたか、野良となった保護された、虐待されて保護された猫だったのだ」


今日はその中の一匹の話をしたいと思います。



この子の名前は知らない。

僕は「ミー」と呼んでいる。

なぜ、この子の名前を知らないというかと

この子は僕の学校にいる猫の中でも孤立しているからだ。

この子は僕の学校に来る前に虐待を受けていた。

この子は人が怖いのだ。

「また、殴られるのではないか・・・」

常にそう思っているのではないか・・・

そう思わせる態度を取る。

この写真もかなり遠くからミーに気がつかれないように撮った写真だ。

しかしミーにもこんな瞬間がある。




ものすごくリラックスしている。

しかし、僕の学校で引き取られる前はこんな姿を見ることは叶わなかったと聞いた。

この子にとっては僕の学校が何よりお気に入りの場所になったんだろう。

しかし、僕の学校も裕福であるわけではない。

年々と生徒数は減り、今年は高校一年生のクラスが一つ減った。


それはつまり学校の財政がより厳しくなる。

猫の飼育費の優先順位など低い。

それも冷たい言い方をすれば他人。

飼い主も分からないような猫。

でも、猫たちの居場所を失わせたくない。。。


そこで僕が考えたのは

ブログに猫たちの写真や動画を載せて

アクセス数を伸ばして、広告収入や本を出版して印税などの収入を発生させて

猫たちの飼育費用に充てるというもの。


この計画は穴だらけだろう。

しかし、僕の学校の無邪気な笑顔の猫たちを守りたい。

そして、猫たちの飼い主を見つけたい。






このストーリーは本の中の世界だけではありません。

今まさに僕自身がこれから猫たちの素敵な姿を届け

飼育費用を生み出していく若きプロフェッショナルたちが主人公です!!

必ず僕の学校で猫たちの飼育費用を生み出す流れを実現させます!

そして、その成功モデルを全国の小学校、中学校、高校、大学へノウハウを広げて

年間殺処分されたり、原因不明の事故で亡くなる15万以上の猫たちを救いたい。

これから、このストーリーは本物になっていく。


僕の学校の猫たちの素敵な写真をあげているブログのURLを載せておきます。

皆様のご協力お願いいたします!

そして、いたいけな猫たちの姿に癒されちゃってください!

http://ameblo.jp/itarian15/entry-11847549469.html

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の吉田 大地さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。