世の中の癌と呼ばれて 第2回

1 / 3 ページ

前話: 世の中の癌と呼ばれて
次話: 世の中の癌と呼ばれて 第3回

じい様との出会い


小学校入学翌日、つまり初登校日で学校が嫌いになった僕は、それからしばらく公園をふらついたり、昼間からデパートに行き、体験版のゲームをやって暇つぶしをするようになった。


ランドセルは人目にばれない茂みや近くの林に隠していた。


もちろん、そんな事が親にばれないはずもなく、警察に保護され、迎えに来てもらう事や、学校からの電話で、僕が学校に行っていないという事はすぐに知られた。

そしてすぐに暴力。

母親
あんたのために高いお金払って学校に行かせてるのに、恥ずかしいことするな

もちろん父親からも言われた。

無理やり翌日には学校まで送られた。

教師に連れられ、クラスまで行くと、やっぱりいじめにあった。

それをもちろん教師に話した。

先生、みんながいじめてくるの
先生
それはあなたがきちんと学校に来ないでみんなに心配や迷惑をかけているからよ

結局、家にいて親には何も話せない。

話したところで、結局暴力で片付けられてしまう。

教師に相談したところで、やっぱり何も変わらない何も変わらない。

大人に頼る事はできない


自分がいることで周りに迷惑をかけている


そう思うと、自分の居場所はどこにもなかった。


家には暴力

学校にはいじめ

自分がどこにいていいのか分からなかった。


この世に自分の居場所があるのかも、分からなかった。


でもひとつだけ分かっていた事、


「俺はこいつらとはちがうんだ」


そのときから、僕の天職は決まっていたのかもしれない。

そう実感したのは、当時僕がいた小学校のクラスは、僕を含めて41人だった。


僕を除く40人が、僕をいじめた。

上履きを隠されるのは当たり前。

僕が歩いたところにはばい菌があると、僕はばい菌扱いされた。


無視、物隠し、蹴られたり叩かれたり、帰り道では、ランドセルを持たされたりもした。

でも僕は考えた

こいつら全員、俺のためにわざわざ手間かけていじめてくれてる。こんなに大勢が俺のために何かをしてくれる。俺はこいつらとは違う。スターなんだ!

今思うと不思議だけれど、当時の僕は頼れる親がいなく、相談できる大人もいなく、自分で何かをしていかなければいけなかった。

外見や知能は子供だけれど、大人のように自分で判断して行動しなくてはいけなかった。

いわゆる、「アダルトチルドレン」


そう知ったのはまだ先のことだった。


だから決めた


こいつらと同じ環境で同じ事を勉強する必要はない!俺は学校に行かない!

そう決意したら、なぜだか心が楽になった。


翌日から、学校には行かないことを親に話すと、もちろん殴られ

両親
誰のおかげで生きてるんだ

そう言われ、暴力に耐えながら、ある事をする日々になった。


それは・・・・・・人よりも本を読む事。


毎日朝から晩まで図書館に通った。

国語辞典と漢字字典を手に、いろんな本を読んだ。

小説、経済、世界地図、図鑑、辞典・・・


本が友達になった。


そこには、自分の知らない世界があった。


そこには、僕に手を出してくるものは何もなかった。


そこは、僕が僕らしくいれる場所だった。


もちろん、親は僕の居場所を突き止めるとすぐに家に連れてかれた。

玄関の鍵を閉じると、すぐに恐怖がそこにあった。

図書館の人もこんな子供が昼から一人で来ている事を不審に思い、警察に保護される事もよくあった。

でも僕はやめなかった。

どんなに家で怖い思いをしても、本を開くと、そこには自分の帰る場所があった。


暴力ではなく、知識として生きる事を学ばせてくれる場所があった。


それでも、家に帰ると、居場所はなくなり、毎日暴力の中でこらえる事しかできなかった。

弱い自分が、嫌いになっていった。


そんな生活が数ヶ月続いたある日、僕は家に帰らなかった。

自分でも分かっていた。


こんな事をしても、心配してくれる人はいないと。


でも、親を信じてみたかった。


きっと心配して、警察に捜索届けを出して、泣きながら、抱きしめて、守ってくれるかもしれないと。


そんな事はなかった。


その日の夜は寒かった事を覚えている。


誰にも見つからないところで、公園の隅で寝た。


きっと目が覚めたら、家にいて、暖かい布団で寝てると思ってた。

母親が温かいご飯を作って、きっと自分のことを心配してくれると思った。

信じてみた。


信じてみたかった。


でも、そんな事はなかった。


きっと、また手を出される。


分かってはいるけれど、家に帰った。

父親はタクシードライバーをしていた。

3日に1回休みのサイクルで明け方から深夜遅くまで働いていた。


僕が家に帰ると、その日は休みだった。


ドアを開けてくれたの母親だった。


きっと、すぐに手を出されると思った僕は、自然と身体が硬くなった。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の須ノ内 誠さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。