刺される 〜僕が本の素晴らしさを知るまでの道のり〜

1 / 3 ページ

僕は、小さいころ、全く本が読めなかった。
なんというか、小説を読んでいても勉強しているような感覚があり、苦痛でしかなかった。


本に慣れない

小さいころ、具体的には小学校のころだ。
僕が書籍の文章を読むのは授業の時がほとんどで、自主的に本を読んだり教科書を読んだりすることは、まずあり得なかった。
TVっ子だった僕は、集中力がまるでなかった。たまに親が本を買ってきたが、本を開いて5分もしないうちに休憩という名の中断をとり、二度とその本を開くことはなかった。
そんな僕を見て親は本を読ませることを諦めた。だから僕が表紙の絵を気に入ったという理由だけで本をねだると決まって「どうせ読まないでしょ。」と切り捨てられた。
でも僕は落ち込みはしなかった。だって自分に本を読むことなんてできないって分かってたから。

そんな僕にとって、学校の朝読書の時間は暇で暇で仕方なかった。
友達が当時話題だった「ハリーポッターと賢者の石」を読んでいるのはすごいことに感じた。あれだけの分厚さの本は辞書以外に見たことがなかった。
その頃の僕に読めた本といえば、「かいけつゾロリ」くらい。つまり絵本。小説のような、絵が全く入っていない作品は「書類」にしか感じていなかった。


作品との出会い

小学校で自主的に本を読まなかった僕は、そのまま中学生になった。
中学生になると人間、悩みを持ち始める。僕も然り。

なにか打ち込めるものが欲しくなった。

家のなかを漁ると一冊の本が出てきた。


「ブレイブ・ストーリー 上」宮部みゆき著


恐らくニュースに出たという理由だけで、親にねだって買ったものの最初の一ページで断念したものだろう。

とにかく読んでみることにした。なんだか興味が湧いてきた。


ダメだ。
全然内容が頭に入ってこない。ファンタジーの話と聞いていたのに、全くファンタジーらしい展開がない。
ドラゴンでも魔法でもなんでもいいから、早く非日常的なもの出てこいよと思いながら読んでいた。

それでも読んだ。その頃の僕には外界からの刺激や、自分の内にある悩みや思考までも遮るほどの「壁」がほしかった。

どうやら、本を読むには慣れが必要らしい。
僕はゆっくりゆっくり読書への抵抗を崩していった。
考えてみれば、「ブレイブ・ストーリー 上」は「ハリーポッターと賢者の石」よりも分厚い本だった。

みんなの読んで良かった!