車いすテニスに出会って感激して、このスポーツを報道したいと思っていたら念願が叶って、気付けば世間に追い抜かれてた話 第4章:北京で搾乳

前話: 車いすテニスに出会って感激して、このスポーツを報道したいと思っていたら念願が叶って、気付けば世間に追い抜かれてた話 第3章:地位確立?
次話: 車いすテニスに出会って感激して、このスポーツを報道したいと思っていたら念願が叶って、気付けば世間に追い抜かれてた話 第5章:「徹○の部屋」に夫婦で競演!?

北京への準備

子供を両親に預けて北京に取材に行った。子供なんて、誰かに預ければいいんでしょ? と思われるかもしれないけれど、それがそんなに簡単ではない。私の場合は、息子が6カ月のときに1週間実家に預けたのだけど、7カ月ってどういう状態かというと、普通だとまだおっぱいを飲んでいる時期。そして、離乳食が少し進んでくるころ。息子はそれまで完全に母乳で育てていたので、まずミルクに切り替えなくてはいけない。6カ月になったころに、主治医とも相談してミルクに切り替えることにした。

試しに哺乳瓶でミルクを飲ませてみたら、「こんなものいらない!」と拒否された。やっぱりそうかー。でも、飲んでもらわないと困る。何度か試しているうちに、飲んでくれるようになった。少し安心して、でもまだ母乳のほうがいいだろうと思って飲ませてみたら、今度は母乳がいらないとかみつかれた。痛い! もう絶対にやらないからな!!

母乳を飲まなくなると、すぐ出なくなると聞いていたのだけど、その気配は全くなかった。母乳はどんどんどんどん生成され、でも飲んでもらえないので胸がカンカンに張ってくる。これがもうめちゃくちゃ痛い。石の固まりが胸の中に入っているみたいで、何をしていても痛い。動いてもじっとしていても痛い。寝ていられないくらい痛い。この痛みをとるには、母乳を自力で搾らなくてはいけない。搾乳(さくにゅう)って言うんだけど、これがまた自分でやると今度は手首が腱鞘炎になってくる。病院によっては、母乳外来っていう専門の外来があるのだけど、赤子を連れてそこまで出る気力も湧いてこない。母乳をためた状態で放っておくと、今度は乳腺炎になって発熱もしたりするので、搾乳って本当に大切なの。

絶対にミルクに切り替えなくてはいけないので、母乳には後戻りできない。飲んでもらいないからひたすら搾乳するしかない。搾乳してると手首が腱鞘炎になって、育児に支障が出る。そんなことの繰り返しだった。しまいには、夫に搾乳してもらったりしていた。そして、もうどうにも大変なので手動の「搾乳器」を購入して、それで搾乳するようになって少し楽になっていった。母乳はずいぶん長いこと出続けていて、量はだいぶ減ったものの、北京の宿でも搾乳していた。日中取材しながら、夜は宿で写真セレクト&原稿書き+搾乳って……。まあ、好きで来てるんだから、それも仕方ないんだけど。

両親に預かってもらったけれど、夜中も1〜2度ミルクをあげなくてはいけなかったし、離乳食も始まっていたので、たぶん1日3回あげてもらっていたし、お風呂の世話も大変だったので、ふたり掛かりで入れてくれていたよう。今思い返しても、1週間、本当によく息子の世話を見てくれたなあと思う。

預けたほうは、やっぱり子供がいつも恋しい。母は息子の写真をメールで送ってくれて、それを見て元気が出るというよりも、早く抱っこしたいなあとか思ってしまっていた。そんな思いを抱えながら、でもやっぱりK選手の活躍は現地で見て取材したかった。そして、金メダルを獲ってくれて(ダブルスでも銅メダルを獲得)、両親も夫も「行った甲斐があったね!」と喜んでくれた。

K選手が金メダルを獲得してくれたおかげで、ポツポツと仕事は入ってきた。帰国してからも、ちょこちょこと原稿を書く機会をいただいたので、子供をあやしながら仕事をしたりしていた。北京のときは、まだ写真を貸してほしいと言われることも多かったのだけど。

K選手は北京で金メダルを獲得した翌年(2009年)の4月に、プロ転向を宣言し、国内で初めてのプロの車いすテニスプレーヤーになった。プロの車いすテニスプレーヤーは、海外では何人かいたけれど、日本ではK選手が初めて。そんなわけで、K選手はどんどん有名になっていき、「ああ、なんか遠い存在になっちゃったなあ」と、日々感じるようになっていったのだった。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

車いすテニスに出会って感激して、このスポーツを報道したいと思っていたら念願が叶って、気付けば世間に追い抜かれてた話 第5章:「徹○の部屋」に夫婦で競演!?

著者のSakai Tomokoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。