ど田舎にできた高校アメフト部がたった2年で関西大会に出た話(14.身をもって抗議する15.怪我を恐れるな)

2 / 3 ページ

さすがや。ありがとう。

僕は母親の対応に感謝した。

顧問のU先生もこのことに関しては一言もいわなかった。

僕にはこれはありがたかった。僕は、何となくU先生にはさからえんやろなと思っていたからだ。

ただ、三木高校では、それ以後『うしは変人や』という評判がたった。

 

みんなが修学旅行に出発した日、僕は教室にいた。教室には健康上の理由で修学旅行に参加できなかった一人ともう一人、修学旅行に抗議した変人一人と合わせて3人がいた。

もう一人の変人は陸上部の阿川で、中学時代は100メートルハードルの記録保持者だ。そう体が大きいほうではなく、こじんまりとした体つきをしている。普段はどちらかというと無口なタイプだった。

「お前なんで修学旅行に行かへんかったんや」

僕が隣に座っているAに話しかけると

「学校は、修学旅行の行先についてみんなの意見を聞くというとったやろ。そやのに意見を聞かんと、勝手に観光旅行からスキー旅行に変えよった」

「先生は、みんなスキーに行きたいに決まっとるから、意見なんか聞かんでええ。というとったけど、九州とかの観光の方がええやつもおるはずや」

Aはぶっきらぼうに答えた。

「そうか。お前は観光旅行の方がよかったんや」

僕が分かったように念を押すと

「いや。べつにスキーでもええ。学校がみんなの意見を聞かんと、かってに決めたことが気にいらんだけや」

意外な答えが返ってきた。

変なやつがいた。

でもみんなから見ると俺も変なやつかも知れない。

僕は、Aを見て、そう思った。

 

午前中は、自習の時間だった。

監督の先生が一人ついた。その先生を僕は今まで見たことがなかった。他の学年の先生らしかったが、見た目がとても貧相だった。先生は具体的に何を指示するわけでもなく、ただ教壇の机に座っているだけだった。僕にはこの先生が、いやいや教室に来ているように思われた。まるで、お前らが修学旅行に行かないものだから、余計な仕事が増えた、と言わんばかりに。

退屈な時間が過ぎていった。

 

やっと午後になった。

さすがに黙って監督することに疲れたのか、午後は何をしてもいいというので、僕は一人グランドでタイヤ引きをやることにした。足腰を鍛えるために古タイヤにロープをかけたものを腰に引っ掛けて引っ張るのだ。

これが、結構ハードで、100mを2往復もすると息が切れる。

一息つくとまた走り出す。誰もいないグランドでタイヤを結んだロープを腰にぶら下げて、もうもうと砂ぼこりを立てながら一人走っているのだから、滑稽だ。

数人の1年生が校舎の窓からもの珍しそうにじっとその様子を眺めていた。三木高校には修学旅行に抗議して、タイヤを引っ張っているこんなやつもいる、ということを下級生に見せておきたいという気持ちが僕の心のどこかにあった。

僕は、窓の1年生に手を振りたい気分だった。

 

こんな調子で4日間が過ぎた。

4日後、修学旅行から帰ってきたXが登校してくるなり、真っ黒に雪焼けした顔で僕に土産を差し出した。

「これ、土産や」

見ると、どこにでもありそうなスキー板を抱えた人形が立っている飾り物だった。

「おおきに」

僕はそういいながら、内心みんなには迷惑をかけたことを申し訳なく思った。

 この事件との関係は定かではないが、翌年からスキーウエアはレンタルで統一された。僕の行動が少しは役にたったのかもしれない。

僕は、その後に返してもらった修学旅行の積立金でちゃっかりと250CCの中古バイクを買った。

 

 

⒖怪我を恐れるな

 

 修学旅行も終わり、いよいよ春のシーズンがやってきた。関西大会出場のためには、県で2位にならねばならない。毎日、U先生が考え出した厳しい練習が続けられた。

県大会を控えたある日、最後の練習メニューである実践練習をやっていたときのことだ。

ディフェンスのインサイドラインバッカーに入っていた僕は、ギブによって前方からボールを持って突進してくるハーフバックのOTにタックルをした。OTは2年生で体は小さいが下半身がしっかりとしていて、当ると痛い。

そのOTにタックルしようとした瞬間、OTが体を少し、右に捻った。その弾みで僕の左手がOTの体の正面にまわり込み、OTの体と接触した。「ぐにゅ」という鈍い音がして、手首が内側に曲がった。親指が腕にくっついた。

 

その瞬間は、何も感じなかった。が、すぐに、僕の左手首から頭の先に激痛が走った。声も出せないくらいに痛い。僕は思わずその場にうずくまってしまった。

心配して、Mが駆け寄ってきた。

「手首を捻ってしもうた。これは練習でけへん。ちょっと休むから続けといて」

僕はそういうのがせい一杯で、左手を押さえながらグランドの角にある藤だなの下に向かった。

 僕は藤だなの下でベンチに腰掛けて休んでいたが、その日は、痛みが収まらず、結局復帰することができないまま練習は終わった。

少しでも手首を動かすと、激痛が走る。そして何もしなくても、ずきずきと痛みがあった。

 

僕は自宅から自転車で通学していた。学校から帰るときに自転車に乗ろうとしたが、左手が全く使えない。仕方がないので、右手だけでハンドルを握って自転車に乗って自宅まで帰った。

自宅は、坂の上にあった。自転車を片手で運転して坂道を登るのは結構難しかった。つい右手に力が入ってしまい、ハンドルを右に取られるからだ。追い越していく自動車に何回もクラクションを鳴らされた。

 

自宅に帰ってからも手首の痛みは取れなかった。余計な心配をさせたくなかったので、家族には怪我のことは内緒にした。

著者の岩崎 吉男さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。