8 min read

キャバ嬢の本性4つ

Picture?width=400&height=400
著者:
Himeno Sanae
1 / 4ページ

これだけは最初に知っておいて欲しい。

ボーイ
おいブス!今日客呼べねーしドリンク取れねーし
店に何しに来てんだよ!
キャバ嬢AYA
あぁ!?金稼ぎに来てんだよ!
今から場内とってきてやるよ!

キャバクラ嬢はやれそうでやれない。最終手段にもカラダは使わない

キャバクラ嬢はカラダを使わなければ生き残れない、というのは嘘である。

カラダを使うと生き残れない、が真理である。


つぎに、あなたが女の子にドリンク1000円払って飲ませてあげても、女の子へのバックは10%100円が一般的だ。

全額女の子に入ると思って、「キャバ嬢がめついなあ」という考えをもつのはやめて欲しい。

お客様を呼べない女の子(能力が低い子や新人)は「ドリンクを取ってこい」「自分の分取れたらついてる女の子全員分飲ませろ」と席につけられる前にボーイに指示されているのである。

時々「お前ブスなんだから水飲め」って言うお客様がいるけど、いじめるのはやめてあげて欲しい。

男性オーナーのビジネスの場であり、聖地でもなんでもない、ただのシステムなのだ。


1.競争心が強い

キャバクラ嬢といえばナンバー争いをする事が仕事である。

本指名/場内指名/同伴数/ドリンク数

何においても常に比較されている。

更衣室のドアには棒グラフが貼ってあり、ボーイは毎日欠かさず色をぬって行く。

売れているのか、売れていないのか、一目瞭然となってしまう。


実は、この順位によって全てが変わるのだ。


・付け回しの優位度

 通常3人程度女の子がつくと思うが、

 1人目(ドリンク取りやすい)3人目(場内もらいやすい)に選ばれやすい。

 <1人目は新人やドリンク要員→2人目は普通の子→3人目はエース→延長交渉というのが王道>


・ボーイのちやほや度

 お腹すいた、少し休憩したい、新規つきたくない、ヘルプやだ、なんでも聞いてくれるようになる。

・送迎の順番

 夜遅くまで働いているので、女の子達はみんな一刻も早く帰りたい。

 しかし送迎車には限りがあるので、距離が遠い人は後回しになる。

 ところが、ナンバー嬢になると距離に関係なく優先的に送ってくれるようになる。

・出勤の融通

 女の子の数が多いと出勤調整が入る。出勤できない、あるいは出勤時間を遅く(混む時間だけ)にされる。

 ナンバー嬢はお客様の予定がない日でもそんな事は言われない。


超実力社会である。

「私は売れなくてもいいの・・」という競争心が弱い女の子はヘルプ要員となる。