人は失敗して始めて成長する

今日の仕事で私は、ある機械をおかしくしてしまった。
まだ、入り立てで、操作一つわからない私は、パートの店員さんを呼び
その人もわからないと言った。
そして、しばらくして
もう一人のパートさんが来て、なんとか
説明書と睨み合いながら作業をしていた。
私は、怒られるよりも
申し訳ない事をしたなぁ、クビになるかな、
辞めようかなと思ってしまった。
でも、ある一人のパートさんに
「最初の1年は誰でも失敗するねん、それを勉強していって今度は失敗せぇへんようにするねん」
と教えてくれた。
ああ、どうしようと自分を責めていた私の目から涙がでた。
人間は、ロボットでも無いし、コンピューターでも無いから誰でも失敗する
失敗は変な例えかもしれないが
誰かが死んだ、殺したのではなければ
いつでも学んで取り戻せる。
とそう、思えるようになった。
今、働いてから1ヶ月。
失敗は色々あるし、怒られる事も人一倍あるけれども
パートさんのその言葉を思いだして勉強しつつ、学んでいきたいなと思った。
凄く、嬉しかった。


サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の阿部 高和さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。