ホワイト企業に絶望して入社3ヶ月で『退職』を決意するまでに感じたこと。

1 / 4 ページ

『これで人生からも卒業だな!』


2013年3月22日、一人の友人が放った言葉が今でも耳から離れないでいる。


その日、僕たちはいつもと変わらない様子で何気ない会話を楽しみ、驚くほどあっさりとした別れの言葉を交わし、それぞれの道へと歩き出していった。

いつもと違っていたのは、僕たちが着ている服だけだった。古いデニムをはきつぶしていた友人はスーツを息苦しそうに身にまとい、ミニスカートがよく似合うあの子は華やかな振り袖も板についていた。卒業式とはそういう日なのだ。

景気の影響と無鉄砲な志望業界のせいでそれなりに苦労した就職活動を経て、僕は4年前よりもスーツの着こなしが自然になっていたように思う。髪を黒く染めて短めに切り揃えることへの抵抗もなくなっていた。それが大人になるということだった。

親しい友人同士で記念撮影を終え、固まってくだらない話をしているとき、友人の一人が明るくこう言った。


『これで人生からも卒業だな!』


僕はその言葉を深く飲み込まなかった。

彼が4月から勤めるのは、高給と引き換えに自分の生活のすべてを会社に捧げるような業界。

僕が入社することになったのは、いわゆる『ホワイト企業ランキング』のようなもので上位に位置しているような会社。とても健全で安定しており、かつ給料もそこそこ貰えるという業界、会社、職種だ。そこまで悲観的になることはない。そう楽観的に考えていたのだ。



妄想が原動力だった受験生時代


19歳の頃、浪人していた僕は単なる世間知らずの田舎者にすぎなかった。

『慶應ボーイ』という響きに憧れて、日中は勉強に明け暮れ、夜は予備校からの帰り道でひたすら友人とくだらない妄想と夢を語った。

自分
なぁ、慶應に受かると俺の生活どうなるかな?
ともだち
そりゃあ、あれだろ。外人と付き合うだろ?
自分
こいつ、俺のカノジョ。メアリーみたいな?笑


何も知らぬ阿呆の私は、ブルジョワジーが集う東京の中心に位置する大学に行けば、無条件で外国人と交流し、華やかな異世界にでも行けると思っていたのだろう。

翌日、朝のワイドショーをちらちら眺めていたら、目黒界隈で飲食店を数店舗経営する青年実業家が特集されていた。上品で美しいママさんたちも、イケメンオーナー目当てで店の常連になっているらしい。

『GLAYのTERUに似てて、かっこよくてセクシーなんです!』と一人の美人奥さんがカメラに向かって興奮気味に語っていた。

なんとなく理想の将来像がイメージできた瞬間だった。





普通のサラリーマンとかじゃなく、自分のペースで仕事ができて、スーツを着ない仕事がいい!そしてさりげないお金持ちになって、余裕のある暮らしがしたい!できれば自分の店とか持っちゃったりして!


僕の阿呆な夢物語に新たな章が追加された。どうやったら理想の世界が手に入るかはわからないが、日本で一番流行の流れが早く、人も集まっている東京に行かないと駄目だろう。そして学歴は良いにこしたことはないはずだ。だけど、今から東大や一橋を目指すのは受験科目も多いし難しい。ということで僕の志望校は慶應義塾大学になったのだった。


ストーリーズでも有名なあの人の話ではないが、僕自身、高校時代は偏差値は40もなく、毎日のように教師から呆れられるかお説教を受けるかをしていた。そんな低レベルの僕が偏差値72の大学に受かろうというのだから、並大抵の努力では成功は摑み取れない。

この間のストーリーは本筋から外れるし、短い文章ではとても綴れないので、別の機会に記そうと思う。

何はともあれ、僕は1年間の青春と右目の視力を犠牲にして、憧れていた大学に受かることができた。



満員電車とスーツを嫌った就職活動


みんなの読んで良かった!