【9】禁煙ゲーム×バツ~禁煙をやめた僕が、7年間、ストレスなく吸わないだけを追究し、愛煙家友達との出会いから愛煙を深め、吸えない不自由から完全に解放された話~【極力吸わない人という基盤を作る。】


極力吸わない人という基盤を作る。


極力吸わない人、つまり「たまには楽しむこともあるかもしれない人」という基盤を作ることに時間をかける。
時間をかけると言っても、納得できればすぐにでも実行できるので、
少しずつでも実行して感覚を掴んでもらえたらと想う。

夜、眠る前にタバコを満喫しても、翌朝目覚めたときには誰もが吸わない人になっている。

まあ、これが本当なら吸わないことに苦しむ人はいないって話になるわな。
でも本当の話なのよ、いらない思い込みで感覚がわからないだけで。

眠る前にタバコを吸って、眠って、朝目が覚めるまで吸わない。
まあ、6時間は眠れているとして、目が覚めたときはかなりタバコ臭さは消えてるはず。
言い方を変えれば、「眠ってる間は禁煙成功してる」わけよ。
夢のなかで吸ったというのは抜きで。
眠ってる間は何のストレスも持たずに吸わない人生を歩めている(吸ってる夢さえ見なければ)。
要は、「眠りから覚めたとき」が問題になるわけだ。

たとえば禁煙信者の場合、
昨日、眠る前に吸ってしまった。せっかく数ヶ月我慢してきたのに。もうダメだ、もうタバコやめられない。
と「数ヶ月の努力が水の泡」になったかのように落ち込む。
そして、半分ヤケになり、「タバコを吸う生活に戻る」わけだ。
一本吸ったら喫煙者に戻る」ことを確信にして生きてるだけに、それに従って不味くてもタバコを吸う。
体はタバコを必要としていない
のに、タバコを吸わないとやっていられなくなる、悔しすぎて。
考え方に吸わされている
ということがわかるだろうか。
タバコの誘惑に負けた
と禁煙信者は主張するが、そうじゃないことはおわかりかと想う。
自分の考え方のせいで自分を追い込み、不味いタバコを吸ってしまっている
のだ。
ちなみに、禁煙信者が禁煙を継続できている場合、目が覚めた瞬間から
昨日、あんなに辛かったのを我慢したんだから、今日も絶対吸わない!
というテンションになる。
この考え方を否定するつもりはないが、僕は地獄だと想う。
いずれ、吸いたくても「吸えない」という思いにぶち当たるし、
その思いを持って吸わないでいるのはただの拷問。
最終的に「吸えない」という思いに導いていくような考え方を持つことは、普通に損でしかない。
喫煙者を生きて、美味いタバコに笑顔になるほうがよっぽど得だと想う。

たとえば禁煙者、喫煙者、または愛煙家の場合、
昨日の夜の一服は美味かったな〜
と余韻に浸り、新鮮な朝を過ごすことができる。
禁煙者は、たまに解禁することも禁煙の楽しみとして考えているから、
一本吸っても数本吸っても「眠りから目が覚めたときには」吸わない人を普通に生きられる。
久しぶりにタバコを吸ったことに対して、美味かった、楽しかったとしか想っていない。
愛煙家は、はなから吸わないことを考えないから何の問題もない。

タバコを吸わなくなる、またはやめるときの考え方次第で「吸わない感覚」は大きく違ってくる。
禁煙信者が吸わないことに苦しむのは「二度と吸わない」という「教科書通りの考え方」しかできないからで、
吸わないことを楽しむ」という視点に切り替えれば、
吸わないことに苦しまずに吸わなくなるのは簡単で快適で楽しいことでしかなくなる。
僕の教科書は「愛煙家友達」なので、吸えない不自由もなければ、たまに吸って喫煙者に戻るということもない。
他人からどう見えるかはわからないが、
吸うときは吸える人、吸わないときは極力吸わない人を自由自在に楽しんで生きている。
というか、禁煙信者も喫煙者に変わりはないのだ。
だから、本当は「一本吸ったら喫煙者に戻る」という解釈はおかしい、間違っている。
この間違った解釈さえ脳から消えてしまえば、
夜、眠る前に、不健康なんだろうけど最高に美味い一服を満喫し、眠りから覚めたら完全なる吸わない人を生きられるのも簡単
でしかなくなる。
愛煙家からすれば自然な生き方ができるようになるということでもある。
吸わない人を生きたいから吸わないだけ、何の苦しみも葛藤もない。
これが普通なのだ。
喫煙者として、愛煙家の考え方を見習って生きられれば、
タバコに苦しめられるなんていうバカな現実は見なくて済むわけだ。

極力吸わない

普段は極力吸わないけど、たまに楽しむこともある。
もちろん、キッパリやめてもいいし、結果的に二度と吸わなくなることがあっても不思議ではない。
禁煙宣言しなくても、いや、しなければ、タバコを吸わないのは自由、吸うのも自由になる。

眠りから目が覚めたら誰もが吸わない人。

これが現実であり、喫煙者が体感している事実なのだ。
この現実と事実をまるごと受け入れることが、禁煙信者の試練だと想う。
変わろう、二度と吸わないという誓いを守ろう、なんて考える必要はない。

【読んでくれてありがとうございます】


僕の都合でタバコを吸わない具体的な考え方を書いているわけですが、もし、
こういう場合、どう考えてどう対処したらいい?
というお悩みなどがあれば、
コメント欄に書いていただけたら嬉しく想います。

お酒の席で吸わないでいるのがどうしても辛い
吸わないことを貫くゲームで禁煙成功する考え方が欲しい
こんなこと聞いたらバカかと思われるかもしれないけど・・・

などなど、
どう考えても世の中の常識からすればアウトなことでも、人の心の救いになる考え方や方法は必ずあると想います。
たとえば妊婦さんの喫煙なんて、世の中の常識からすれば討論する以前の問題。
しかし、
妊娠したらタバコは吸っちゃダメ!
で済む話ではない。
もっと、今までの常識からは考えられない自然な考え方があるはず。
タバコを悪にしなくても、あっさり吸わなくなれる、キッパリやめられる考え方は実際にあるわけです。
しかし、それこそ人それぞれ悩みの場所が違うわけで、
理想や目的を現実にするためには「核心部分」を解放してあげることが必要になるわけです。
なので、もし、今思い悩んでることがあれば、その声をぶつけてみて欲しいんです。
コメント欄だと人に見られるから嫌だという方もいると想うので、専用のメアドも載せておきます。
どんな些細なことでも構わないので、気になることがあればコメントなりメールなりください。
僕の体験や考え方でお答えできる範囲でお返事させていただきます。


いつも読んでくれてありがとうございます。
これからも読んでもらえたら嬉しいです。
コメント、またはメール、よろしくおねがいします。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。