【必ず失敗する合コン講座・1】~目的がバラバラな人達で集まっても何にも後には残らない話~

1 / 4 ページ

前編: 【必ず失敗する合コン講座】 ~始めに~
後編: 【必ず失敗する合コン講座・2】 ~最初の自己紹介で躓くと最後まで中途半端になってしまう話~

Q.皆さんは「合コン」に何を求めて参加しますか?


これを愚問だと思ってしまったアナタ、無駄金を使っているかもしれないので気をつけて下さいね。


この質問には「出会いが欲しくて」と返答する人が大多数ですよね。

そりゃそうです。異性を求めての行動がいわゆる『合コン』ですから。


でもこの合コンの目的というモノをしっかりと吟味したことありますか?

これを軽視しているとまた無駄なお金と時間と労力を使って空振り合コンをすることになりかねませんよ~、ってのが今回のお話です。


(注意)

まず今回の話に限らず大前提での話として、私の話は学生同士の合コンでの話は基本的に対象外として話をさせてもらいますのでよろしくお願いします。

特に今回の話では「目的」ってヤツに照準を絞っていますので、学生同士の合コンでは99%が「彼氏・彼女が欲しいから」だと思うので別のところに置かせてもらいます。(あと「ヤリモク」とかの軽薄な話も面倒くさいので除外します。)




さて本題です。


まずは「出会いが欲しくて」という項目を掘り下げていきましょうか。


一言で『出会い』と言っても複数パターンが存在します。

ざっくり分けると「友人の輪」「恋人となる相手」「結婚する相手」の3パターンといったところでしょう。

そしてこの3パターンのどれか、または複数を目的として皆さん合コンをするワケなんですが、これが参加者ごとにチグハグだとイマイチ踏み込んで相手探しに没頭した合コンにはできないんです。



だって考えてみて下さいよ?


例えば「女の子との飲み会が楽しいから参加しただけなーんて軽い気持ちでいる男性が「私は結婚相手に相応しい男性を物色するために気合を入れて参加した」という女性と合うはずがないじゃないですか。


(先に断っておきますが、以下はちょっと偏った言い方します。気を悪くした方がいたらごめんなさい。)


男ってぇ生き物はキャバクラやガールズバーが大好きです。

なぜかって?そりゃ金さえ出せば女の子と楽しく会話できるし、あわよくば・・・的な考えもあったり無かったりするからですよ。

そして男性がそんな軽い気持ちで合コンに参加していたとしたら、合コンなんて安上がりで女の子と楽しく会話できる都合のいい飲み会でしかないですよね。

つまりこの場合、男性の一時的な快楽のために女性の貴重な時間が浪費されただけで終わるわけです。

まぁこれは不真面目と真面目が噛み合うわけのない極端な失敗例ですけどね。



次はもっと現実的な例でいきますよ。

真面目と真面目が空振りする例なんですが、「結婚はまだ考えてないけど真剣に彼女が欲しい」という男性と「結婚相手に相応しい男性と出逢いたい」という女性との合コンって場合もなかなか困りモノなんです。

なぜなら「付き合って楽しく一緒に過ごせそうな女性」を探しに来たら「一緒に生活して人生を共有してくれる男性」として値踏みされてしまうからです。

そんな女性側の思惑がちらりでもと垣間見えてしまおうものならば「付き合ってみて先々には結婚とかもあるかもなぁ」とまでは思っていた男性も、そんなプレッシャー付きな女性と進展したいとは思えなくなります。

みんなの読んで良かった!