【必ず失敗する合コン講座・2】 ~最初の自己紹介で躓くと最後まで中途半端になってしまう話~

1 / 3 ページ

前編: 【必ず失敗する合コン講座・1】~目的がバラバラな人達で集まっても何にも後には残らない話~
後編: 【必ず失敗する合コン講座・3】 ~見ていて心の底から「時間の浪費だな・・・」と思う合コンの過ごし方の話~

(1)みなさんは一度名前を聞いただけで絶対に忘れない自信はありますか?


この能力に絶対の自信を持っている人は、今回の話は読まなくてもいいかもしれません。

でも自分だけがそうであっても他の人は違うかもしれませんので、ちょっと読んでみて下さいね。


ちなみに接客業を10数年やっている私ですが、この「名前と顔を一度でメモリーする」という機能は備わっておりません。と言うかむしろ忘れやすい方ですね。

もしこんなアプリを自分にインストールできるなら、いくら課金することになっても構わないと思ってるくらいですから。

だから私は名前を聞いたら即座に胸元からメモ書きを取り出し、きっちりと記録しておくようにしています。



そしてもう一つ。


(2)みなさんは名前が分からない相手、または自分の名前すら覚えてくれていない相手と深い話ができますか?


私には完ッ全に無理ですね。

その場をもたせられればいいくらいの、上っ面だけの会話しかしないでしょう。



でも(1)にも(2)にも共通する解決策はあるんですよ?



簡単です。

「もう一回お名前聞かせてもらっていいですか?」

って聞けばいいだけの話です。


うんうん、こんなのは楽勝な話ですよね。さらっと聞いてしまえば済む話ですから。



・・・でも本当にそうでしょうか?


(写真にはあんまり意味はありませんw)


実際にみんなで自己紹介をし合って、そのあとに改めて名前を聞き出すのって実は意外と難易度高いと思うんですよね。

「こいつ話聞いてねーなー」なんて思われたくなくて言うに言い出せず、流れに身を任せて誰かがその人を名前で呼ぶのを待つことになったりとか。


どうでしょう。こんなシチュエーションに心当たりありませんか?


でも実際は改めて聞き直してもまったくと言っていいほど問題は無いんですよ。

これで場の雰囲気が壊れたり、それが原因で自分の評価が下がるケースなんて見たことありませんから。

だから基本的には名前が覚えられなかったら遠慮なくもう一度聞きましょう!でいいんです。

つまらないネガティブ発想は出世の妨げですよ。


みんなの読んで良かった!