超独断w 『浮気』に対する男の本質を試しにとことん掘り下げてみた。

1 / 5 ページ

浮気を一切してこなかった男が、妻には「あんた浮気とかしないの?つまんねー野郎だな」と不条理な発言を10年以上繰り返され、お客さんには「やっぱり浮気とかしてるよね」と決めつけられ続けた男が、思い付きで弁解をし続けている内にたどり着いた結果をお届けしてみます。

表題にもある通りこれは『お試し版』なので、とりあえず思いつくままに書き綴ってみます。

(注意)多分かなりの長文になるかと思うので、暇な人だけご覧下さい。


男は浮気をする生き物とよく言われますが、これは当たらずも遠からずってところですね。

もっと相応しい表現をするとすれば男は浮気ができる生き物の方がしっくりきますけど。

でもこれは女の人にも言えるわけで、要は人間は浮気ができる生き物ってことなんでしょう。

ただ何を持って浮気と判断するかの境界線が人それぞれであるのと同様に、浮気ができる条件やブレーキも人それぞれなんですよね。

今回はそんなお話です。


女性の皆さんには真っ先に伝えておきたいことがあるんですが、浮気はしたいからするモノではなく、できるからするモノだということです。

平たく言うとやろうと思ってできるわけではないってことですね。

浮気するには相手が必要だし、わざわざ危険を冒してまでするのだからその価値がある相手でなければ嫌だし、その相手が今の自分の生活基盤を侵さないという安全保障も必要になってきます。

だから「男は誰でも浮気する」とよく聞きますが、そんな簡単にできたら苦労しません。

逆に聞きますが女性はそんなに簡単に体を開くのですか?

自分の貴重な時間を棒にふってまで、実りのない浮気相手になりたいモノなんですか?

そんなわけありませんよね。

つまりはそういうことで、浮気は男の中でもごく一部の人間にしかできない行為だということです。


だからね、「どーせ浮気でもしてるんでしょ?」なんて発言を根拠のない憶測で言うのはやめましょうよ。

特に「とりあえず言っとけ」的なのは本当に面倒くさいんですよ。

してない人間からすると「どーせオレは浮気もできない甲斐性なしですよー」と変な感情を植え付けることにもなりかねないし、下手したらそれが原因で「じゃあ浮気してやろうじゃねーか」と奮い立たせる結果になっちゃうかもしれませんからね。



では本題。


まず男の深層パターンを大きくカテゴリー分けしてみましょう。

◆浮気衝動カテゴリー◆

①浮気をすることが世のため人のためになると思っている「奇特型」
②『浮気=体験型ゲーム』として捉えている「問題型」
③チャンスさえあれば浮気をしたいと思っている「現状不満足型」
④立場上、守らなければならないモノがあるから浮気をしない「義務優先型」
⑤守りたいモノがあるから浮気発想自体を排除した「固い意思型」
⑥全力で打ち込みたいことがあるから浮気自体が邪魔だと思う「生き甲斐型」
⑦ラブラブ過ぎて他に目がいくわけがない「盲目型」


・・・うむ、かなりざっくりしてますがこんなもんでしょう。

とりあえず基本的には①~③が実際に浮気行動を起こすタイプで、④~⑦は浮気の可能性が低いタイプと言ってもいいんじゃないでしょうか。

でもこの①~⑦のどれかだけに当てはまる男性はかなり少なく、大抵の男は比率が人それぞれながら、複数のカテゴリーを共有してると思って間違いありません。


そしてこれらのカテゴリーは更に細分化できるのですが、それぞれを説明すると一冊の本のボリュームになってしまうので、共通する要点だけを挙げてますね。


次はすべてのカテゴリーに当てはまるのですが、特に浮気をするorしたい人の属性は以下のようになりそうです。

◆浮気スタイルの属性◆

(A)自分のことしか考えていない「自己至上主義」

(B)ダメ元で動ける行動力と強いハートを持つ「実行主義」

(C)相手からのOKサインを必死に引き出す「努力主義」

(D)相手からのOKサインをひたすら待つ「超慎重主義」

みんなの読んで良かった!