母がくれた言葉

1 / 3 ページ

僕がまだ幼い頃のお話。


僕が生まれ育ったのは九州・福岡県。

日本人の父、在日韓国人の母、そして僕の3人家族。


幼い頃から母は愛車カローラ(当時)の助手席に僕を乗せ、

いろんなところへ連れてってくれました。


母はドライブするときいつも車内で音楽を流してくれました。

ごはんを作るときの鼻歌はだいたい韓国の歌謡曲でしたが、

車で流す曲は海外のものが多かった気がします。


ビリージョエル、リチャードクレイダーマン、テレサテン…

今思えば、好きな音楽は母の影響が強い気もします。


ただ、ごくまれに加山雄三を流すことがあって、

「これ何ー?」って聞くと、

「…昔付き合ってた人がよく歌ってくれたんよ。あ、お父さんには内緒ね。」


すごく楽しかったし、とても居心地がよかった。


ある日、すごく天気の良い日があって、

いつものように母がいっしょにドライブにいこう、と言いました。


僕は喜んで助手席に乗ります。


空は快晴。

到着地は海岸でした。


空も、海も、すべてが青く広かったのを今でも覚えています。


きれいだね、と2人でじっと水平線を見つめる。


しばらくして母はゆっくりと話し始めました。



・・・・・・・・・・・


あそこに、ぼんやり浮かぶ島が見える?


あの島は「朝鮮」と言ってね、


今は北と南の2つにわかれて、

みんなの読んで良かった!