犬や猫の映画を作って初めて知ったこと(後半)

1 / 5 ページ

前編: 犬や猫の映画を作って初めて知ったこと(前半)

人間は一人では生きていけない



相馬、南相馬の伝統行事相馬野馬追

2011年4月から2012年まで追いかけて、そう感じました。


震災が起こる前は、私自身、そんなことを感じることなく、都会での暮らしの中で、

日々生活をしておりました。


震災が起きてから、気づかされたことは、都会の豊かさは本当に豊かなものなのか?

ということでした。


震災直後に大切にされたことは、人とのつながりや精神性、他者と共に生きる姿勢だったと思います。


忘れていた、人としての大切なことを被災地から気づかされ、

この「ノー・ヴォイス」を人間と犬猫が共に幸せに生きるという観点から取材をし直しました。


ここでお伝えしたいことを7つに分けて、お話してみたいと思います。


#1:自分のことが好きですか? という視点


震災以降に初めて出会ったのは、児童文学作家の今西乃子先生でした。

犬や猫に関する多くの児童文学書を書かれている今西先生は、

出前授業といって、学校に訪問をしながら、命の大切さをお話されていました。



その授業の中でお話さえていたことに、「自分のことが好きですか?」という問いがありました。


犬や猫と一見関係なさそうなお話ですが、この映画でも伝えている、

自分を好きになるということと犬や猫など他人を大切にすること、

が繋がることに、自分が日頃から感じてきたことを端的にお話されており、

目から鱗な授業をされておりました。


おいら
そっか。視点は犬猫というよりも、自分たち人間のことなんだ

犬や猫の命のことを考えることは、自分たちの幸せを考えている

その視点に気づかされることになったのです。

このことは、このページの最後に改めてお話を致しますので、

最後まで読んでいただけたらと思います。


#2:毎日数百頭の《殺処分》の原因は人間自身


みんなの読んで良かった!