犬や猫の映画を作って初めて知ったこと(前半)

1 / 4 ページ

後編: 犬や猫の映画を作って初めて知ったこと(後半)

日本にこんな場所があるなんて、初めて知った……

この映画の出発点はそんな驚きの気持ちからでした。

私は、映画監督をしております古新舜(こにい しゅん)と申します。

初長編映画「ノー・ヴォイス」を公開し、現在全国で自主上映会を行っております。

この映画は、日本で年間16万頭(平成24年)の

犬や猫が保健所やセンターで《殺処分》を受けている中、

この現実をどうしたらしたら変えていけるかを三年間、いろんな場所に出向いて取材して、

制作した長編映画です。

シェルターの犬猫たちの鳴き声が凄まじかった

私は、この映画のきっかけを頂くまでは、

犬や猫と接することができるのは、ペットショップだけと思っていました。

実は、ペットショップ以外にも犬や猫を家族として向かい入れられる場所があるのです。

それが、アニマルシェルターや譲渡会という場所なのです。


とあるアニマルシェルターに訪れてみて

2010年の冬に、初めてアニマルシェルターに訪れてみましたが、

そこでは犬や猫たちがものすごい数おりました。

おいら
ここは動物園?!

最初の印象はそんな感じでした。



歩くたびに、犬たちが自分に向かって吠えているのですが、

吠え方が威嚇するようなけたたましいものだったのです。

一通り、シェルターを見学させて頂きましたが、

施設の中には、無数の犬や猫が100頭以上、収容されているのです。

中には足をケガをしている犬や片目を無くした子猫など、

ペットショップで見かける奇麗な犬や猫とは、少し様子が違っておりました。


「この仕事が無くなることが夢」

その後、女性の副理事長さんのお話を伺うことになりました。

おいら
このような場所に初めて来て、とても驚きました。
副理事長さん
日本には捨てられる犬や猫の数が沢山いるため、こうして私たちのような団体が、保護をして、飼い主を探しているんですよ。

まず、無数の犬や猫が捨てられている現実に驚愕しました。

先ほど見た犬や猫は、前の飼い主に虐待を受けたり、放置されてカラスに目をくり抜かれたり

そういった事情の犬や猫が、この場所で保護されているということでした。

おいら
どうしてこんな風になってるんですか?
副理事長さん
むやみやたらに行われる生体販売、飼い主のモラルの低さ、不妊去勢手術の認知の低さ、様々な問題が日本にはあります

自分の知らないことだらけに、メモの量もすぐに数ページに及びました。

彼女の話では、「あまりに大変な活動のため、若いうちはなんとかできるのだけれども、

数年すると辞めていくスタッフも少なくないんですよ」

と話されておりました。

2時間ほどの取材が終わり、帰りがけに一言彼女が話した言葉が、

みんなの読んで良かった!