7 min read

映画制作から従来の勉強とは違った学びの在り方に気付いた話〜シネマ・アクティブ・ラーニングを生み出すきっかけ〜

Picture?width=400&height=400
著者:
古新 舜
1 / 3ページ

「映画制作には学校で学ぶ全ての科目が含まれている」




私は現在、映画監督として活動をしながら、映画を通じたワークショップを各地で開催しております。
そんな私ですが、実は、元は大手予備校の物理講師であり、
映画業界とは全く縁遠い人間だった
のです。
そして、映画を作る過程には、学校の既存の科目とは全く違った学習方法に気付いたのでした。

映画制作は、学校の新しいカリキュラムに成り得るのではと思えるように至った過程を
順々にお話して参りたいと思います。

大手予備校講師時代

私は大学卒業と共に、大手予備校講師の物理講師になりました。
当時は将来への夢や目標もなく、一番身近な職業、というよりかそれ以外の職業を知らなかったので、
大学受験で接していた予備校の講師になったのでした。

特に物理は大の苦手科目で、その悔しさから物理学科に入り、
予備校では物理を教えるようになりました。

物理という科目は、他の科目と違い暗記が役に立たず、
現象の背景や過程を手順を追って組み立てていく必要があります。
ナゼ? を掘り下げていくことが重要な科目なのです。
学生当時、暗記ばかりに頼っていた自分にとっては、全く歯が立たない科目でした。

講師をするようになって思ったことは、物理は国語と数学のかけ算の科目であり、
ドミノ倒しのようにストーリーを追って解析していけばなんら難しくない科目だということでした。


「TEACHING IS LEARNING」

予備校講師を目指す中で、苦手科目がなぜ苦手だったのかに気付いた自分にとって、
生徒に向けて、噛み砕いて物理を教えるようになったことで、
全く理解ができなかった物理が手に取るように理解できるようになったのでした。

その時に気付いたことは、
学びとは、受け身ではなく、自ら発信することで課題を見つけ、理解を深めることができる
「教えることが最大の学びである」
ということに気付いたのでした。


そんな予備校講師を始めてから、年を追うごとにいろいろな疑問が生まれてきました。


・受験をするための勉強に本質的な意味があるのか?
・偏差値や有名学校を目指す為に勉強することに意味があるのか?
・そもそも、勉強とは何の為にするものか?


有名な大学に入るために受験勉強をしていた自分にとって、
目標もなくただ与えられた内容を勉強し、点数で他者と比較する在り方に疑問を抱いておりました。

大学も名前や偏差値だけで選び、入学した後にその大学の特徴を知る在り方にも
疑問をもつようになりました。

自ら発信することに学びの面白さがあることに気付いた自分にとって、
ただひたすら受け身で一人黙々と勉強をする受験勉強は、
学びの在り方に於いて逆行しているのではないかと考えるようになったのです。


不思議なめぐり合わせから映画業界に

予備校講師をするようになった年の2004年に、
不思議なめぐり合わせから映画業界に足を踏み入れることになりました。


小さい頃からテレビの世界に憧れていた自分でしたが、
そんな業界にどうやったら入れるのか? 全く分からなかった自分が、
高校時代の知り合いを通じて、偶然映画業界のアシスタントをするようになったのでした。

当時は、朝5時まで制作現場でアシスタント、
朝の8時から数時間、予備校講師として登壇という

真逆の生活を一緒に行っておりました。

アシスタント生活は、怒鳴られ叱られ、過労を強いられ、
予備校講師生活は、22歳で先生、先生と持ち上げられ、
そんな真逆な対応をされる生活を一日で半分半分繰り返していたのでした。

映画の現場で早稲田であることを笑われる

社会人にもなったことなく、映画の業界のことも全く知らない自分がいきなり映画の制作に
放り込まれたので、当時は、何をすることもできず、
ただあたふたとして迷惑ばかり起こしておりました。

自分の映画のチームは20名程度で動いておりましたが、
ベテランのスタイリストからは、

現場のスタッフ
「こいつ早稲田だぜ! お勉強しか知らないお馬鹿さんだぜ」

としょっちゅうからかわれておりました。

映画の現場で知った自分に足りないもの


・自分中心に物事を考えていた

誰かと何かを組み立てることができなかった自分にとって、
映画の制作現場は、20〜30名のスタッフが一斉に動くので、
自分勝手な行動を振る舞ったり、勝手な憶測を付けたて行動したり、
チームの輪を乱すことばかりでした。


下は10代から上は60代以上という現場の中で、
年上だけでなく、年下の俳優にもよく叱られておりました。


・他者との協調性、相手の気持ちを考える姿勢

みんなが一つのことに向かっている時に、自分中心の考えや行動を取る癖がありました。
映画の現場では、それは全く許されないので、徹底的に指導を受けて、
チームとして行動をする習慣を身につけました。