大手予備校の教壇から「大学なんて行かなくてもいい」と叫んだ結果

1 / 5 ページ

大手予備校講師から現在は××をしています

私は、大学を卒業してから10年間大手予備校・物理科の非常勤講師をしておりました。

ひょんなご縁があり、映画の業界に入り、

映画監督として作品を創りながら、コミュニケーションデザイナーとして

コミュニケーション能力を引き出すワークショップの活動をしております。

※詳しくは、「いじめと引きこもりから映画監督に」をご覧下さい。


予備校講師と映画の助監督を同時で体験していた20代

予備校講師に採用された2ヶ月後に、高校時代の友人との再会から

映画の現場に参加することになりました。

予備校にいる時は「先生」と呼ばれ、お茶を出してもらったり、いろいろと資料をもらう立場でしたが、

それ以外は「おまえ」とか「おい!」と怒鳴られ、お茶を作ったり、明け方まで資料をホチキスで留めていたりという真逆の生活を体験しておりました。


そもそも予備校講師になったのは

小さい頃から、教えるのが大好きで、その分周りの子とは馴染めない特徴的な子供でした。

積極的に先生に、質問を投げかけるという意識が強く、

教室でみんなが当たり前にやることを、子供・大人区別を付けられたくないという考えで、

授業や物事に向き合っておりました。

そんな特徴的な子供だったので、毎学年、ずっとイジメを受ける生活を送っておりました。

週に4、5日は塾という生活でしたし、

東大合格だけを目指しながら、ずっと生活しておりましたので、

将来の夢は、自分が身近に接していた予備校の講師、

逆に言うとそれ以外の職業を知る機会がなかったので、

大学を卒業したら、すぐに予備校講師になるものだという考えでした。


予備校講師になってから

念願の予備校講師になってやっていたことは、如何にテクニックを使って学生に高得点を取らせるか。

そのことばかりを考えておりました。

ですが、同時期に映画の下積みをすることとなり、

このことで、自分が今まで大学受験や大学で学んできたものが

ほとんど通用しないということが分かり、愕然とさせられました。

象徴的だったのは、先輩のスタイリストさんから

早稲田大学なんてお勉強しか知らないおバカちゃんですね

と言われたことでした。

確かにその時の自分は勉強ばかりしか知らず、挨拶の仕方から、相手への配慮の仕方、

チームで連携を取りながら仕事をする姿勢など、

全くコミュニケーション力がなかったのでした。


アクティブラーニングとの出会い

映画の業界に入ることで、映画の大学院に進みたいと思うようになり、

同じ大学の大学院の映画の研究室に入学することとなりました。

ですが、その時を思い返すと、有名な先生方の講義よりも

プロの現場に出て、いろんな先輩方から怒られながら、0から匠の技術を学ぶ体験の方が

みんなの読んで良かった!