音楽に国境は存在しなかった。言葉がなくても語ることのできたカナダ5ヶ月留学。

1 / 11 ページ

前編: 音楽との出逢い。それは人生の大きなターニングポイントの一つとなった。

こんにちは。長野県小谷村-OTARI-の古民家で宿を運営しているたつみです。

自分の過去を書きまとめる作業、5回目でございます。

誰もが持つ過去から紡がれる物語の断片を。

自己満足にもネットの世界へ解き放つ次第です。

お暇な方はどうぞお付き合いいただければこれ幸いにございます。



さーむおあてぃけん?

-2004年1月

さらば日本!!

当時高校二年生で17歳のぼくは上空何万mに浮かぶ鉄の塊の中で快適な空の旅を満喫しておりました。

両親とコーディネーターのお姉さんに見送られ半日くらいが過ぎた頃。

ぼくは両親から贈られたおニューの電子辞書を開いたり閉じたりしながら持て余す時間を長くない半生と、1年半くらい過ごした高校生活を振り返っておりました。

10時間程の空の旅は果てしなく長く感じる時間ではありますが、これから始まる異国の地での新生活のエピローグとしては最適な時間でもありました。


機内を世話する乗務員は日本人と外国人の半々で、中には男性の乗務員の方も交じっております。

機内の時点でなんだか国際的。

席に設置された文字媒体の冊子なんかも至る所にアルファベットがちりばめられております。


「きっと英語なんてのはぼくからすれば得意な範囲だろう。」

留学を決めた当時から、ぼくは根拠のない自信をかいがぶっておりました。

コミュニケーションや友人関係に不自由をおぼえたことのないキャラであったその頃の自分。

山村留学という過酷な幼少期を過ごしてきたぼくには、外国だって持ち前のテンションで乗り切れる!!そんな非論理的で楽観的な考えでおりました。

若き自分はなんとも純粋無垢であっぱれな17歳だったのです。

(幼少期に過ごした山村留学については、過去に書いた「古民家ゲストハウスの創り方」をご参照ください)


そんなあっぱれ男子の根拠の無い自信はまだ留学が始まってもいない上空の機内で、一瞬に粉砕され天空の塵と化しました。

それはいまでも忘れない機内食の配膳での一幕です。

ワゴンを押して進む長身の白人男性の添乗員がなにやら小声で客とぶつぶつとやり取りをしながら機内食を手渡しておりました。

ぼくの右前方に背の高い青い目の添乗員がぼくを見下ろしながらつぶやきます。


外国人添乗員
さーむおあてぃけん?
たつみかずき(17歳)
。。。??
わっと??
外国人添乗員
あー。
(ちょっと大きな声で)
さーむおあてぃけん?!
たつみかずき(17歳)
えーー。なになに。えーーー?!!
さーむ??


まるで巨人のように見下ろし威圧するかのような青い目の添乗員に、ぼくはクエッションマークいっぱいの「さーむ??」を投げかけました。

すると彼は首を傾げながらぼくの席のテーブルに機内食を置いてそそくさの次の客に配膳をしていきました。

なにが起こったのはわからず、呆然とアルミホイルが被せられた四角い皿の中身を覗くと。。


そこには鮭のムニエルが美味しそうに湯気を立てておりました。

隣のおじ様の皿の上には、ハーブがふりかけられた鳥のオーブン焼きが湯気を立てておりました。

機内で「さーむおあてぃけん?」を理解できずにいたのは、きっとぼくだけであったでしょう。

根拠の無い自信を天空の塵へとあっけなく明け渡してしまったぼくは、赤く焼けたサーモンを見つめながら。

これから始まる5ヶ月間のカナダ留学への不安の重力に押しつぶされそうになっている。

みんなの読んで良かった!