【第5話】一人の理学療法士が85歳のおばぁちゃんと蝶ネクタイブランドを設立するお話。

前話: 【第4話】一人の理学療法士が85歳のおばぁちゃんと蝶ネクタイブランドを設立するお話。
次話: 【第6話】一人の理学療法士が85歳のおばぁちゃんと蝶ネクタイブランドを設立するお話。

堀山のアイデンティティー=笑いが確立した小学2年生

今回は手短に。


あれは小学校2年生の授業参観。国語の授業だった。

音読を頼まれた堀山は挙手。

みんなに聞こえるように読んで下さいね、という担任の先生の指示に従い、

360度回転しながら音読をした。


ウケた。


教室が笑いに囲まれた。


初のエクスタシー。


やみつきになった。



確立した。




タイトルが気になって読んでくれた方には申し訳ない。お気づきの方もいるかもしれないがこのSTORY、もはや私自身を振り返る場になってきている。ブランドのブの字も蝶ネクタイの蝶の字も出てこない。ブランドの結果がどーしても気になる、そんな早合点な方には公式サイトをご覧いただきたい。(tsutau 公式サイト http://cocohale2012.wix.com/tsutau

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

続きのストーリーはこちら!

【第6話】一人の理学療法士が85歳のおばぁちゃんと蝶ネクタイブランドを設立するお話。

著者の堀山 貴之さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。