【第5話】一人の理学療法士が85歳のおばぁちゃんと蝶ネクタイブランドを設立するお話。

前話: 【第4話】一人の理学療法士が85歳のおばぁちゃんと蝶ネクタイブランドを設立するお話。
次話: 【第6話】一人の理学療法士が85歳のおばぁちゃんと蝶ネクタイブランドを設立するお話。

堀山のアイデンティティー=笑いが確立した小学2年生

今回は手短に。


あれは小学校2年生の授業参観。国語の授業だった。

音読を頼まれた堀山は挙手。

みんなに聞こえるように読んで下さいね、という担任の先生の指示に従い、

360度回転しながら音読をした。


ウケた。


教室が笑いに囲まれた。


初のエクスタシー。


やみつきになった。



確立した。




タイトルが気になって読んでくれた方には申し訳ない。お気づきの方もいるかもしれないがこのSTORY、もはや私自身を振り返る場になってきている。ブランドのブの字も蝶ネクタイの蝶の字も出てこない。ブランドの結果がどーしても気になる、そんな早合点な方には公式サイトをご覧いただきたい。(tsutau 公式サイト http://cocohale2012.wix.com/tsutau

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

【第6話】一人の理学療法士が85歳のおばぁちゃんと蝶ネクタイブランドを設立するお話。

著者の堀山 貴之さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。