【くれくれ体質なクズだった私が「180°変わって」会社を興した話】はじめての海外オーストラリアで過ごした1年

1 / 4 ページ

オーストラリアには、 “なにか” がある・・・


はじめまして、水元英登(みずもと・ひでと)と申します。

私が大学生の頃のこと。誰にも相談することなくオーストラリアに1年行こうと決意します。

これは、生まれて初めての海外渡航となります。


私に多く事を与えてくれた “たったひとつのきっかけ” の話です。



あなたはオーストラリアについてどれくらいご存知ですか?

オーストラリアは日本から南へ、赤道を越えた地球の向こう側、南半球にある大陸です。ロシア、カナダ、中国、米国、ブラジルに次ぐ世界で6番目に面積の大きい国で、英連邦王国の一国でもあります。

私がいたのは北東部のクイーンズランド州でした。州都ブリスベンの南70kmにあるゴールドコーストはオーストラリア最大の観光保養都市として知られています。北部のケアンズはグレートバリアリーフへの観光を始めマリンスポーツの基地でもあります。常夏のような過ごし易い気候で人口の集中している地域です。

それでも、東京の人口密度の2%程度でゴミゴミした感覚は一切ありません



州都ブリスベンの中心地はクイーンズ・ストリート・モールと呼ばれる歩行者専用の道路を挟んだショッピング街となっています。歴史的な建物と近代的な建物が混在するおもしろい街並みとなっています。

ブリスベンからはシティートレインネットワークが広がっており、私は北へ20km電車に乗った海沿いの街にホームステイすることになりました。



ブリスベンのシティートレインは山手線のように本数があるわけではありませんが、比較的時間通りに運行され、東京から行った私でも交通の便は良い方だと感じていました。ブリスベンのセントラル(中央)駅以外では、無人駅の自販機で切符を買って乗るだけという、のどかな営業となっていました。(改札などがない)

ブリスベンの中心地から離れるほどに、車社会になります。車の通る道路沿いに向かい合うように平屋の家が並びます。家には必ずガレージがあり、車はもちろんヨットを置いている家もありました。



町には一軒『パブ』と呼ばれる小さなカジノがあります。お酒を提供して、スロットマシンなどをやる娯楽施設です。時にはトップレスのウェイトレスさんもいます。もちろん、成人しか出入りはできません。

日の出ているうちは、近くの海岸線に出かけ「フィッシュ&チップス」や「ハンバーガー」、生牡蠣などを海沿いのお店でテイクアウトできます。



私が初めてとなる海外オーストラリアで1年間を過ごしたのは、2002年のことでした。

成田空港から飛行機に乗るのも初めて。こんなにも長時間の飛行機に乗るのも初めて。

CA
“Beef or chicken?”
(機内食は牛肉にしますか?鶏肉にしますか?

への対応も入念に練習しました。

まあ、実際はカンタスとJALの共同運航便で日本語O.K.だったし、“Beef or fish?” だった気がします。現実に向こうに着くまでは、夢の中と言うか、リアルな現実としてその先がイメージできませんでした。

2002年と言えば、日本ではマイクロソフトが家庭用ゲーム機「Xbox」を発売しました。そんな頃のことです。Googel earthのサービス開始が2005年。日本で一番の品ぞろえと思っていた紀伊国屋書店にも、これから住むところの詳細な地図は置いていませんでした。

就職氷河期が叫ばれる中、海外へ1年間の移住。

この事実は、あとになって客観的に見れば『就職から現実逃避した若者』。でも、私には必要な1年。


鳥かごの中の鳥のような日々・・・


みんなの読んで良かった!