墓地から這い出て、自由になってやった。

2 / 3 ページ



夢を持った、キラキラした奴でした。



さて、「27歳で初めてのお使い」ならぬ、「初めての会社員」


それまで、仕事らしい仕事というと、


ファミリーレストランのウェイター、

スイミングインストラクター、

セレクトショップ店員、


以上が、わりと長く続いた「カタカナ職業」です。




叔父さんに紹介されたのは、運送業という思い切り畑違いの仕事でした。



フリーター時代に、当払い(とっぱらい)の仕事、いわゆる肉体労働は、


キャラに合わない。


ギャラも合わない。


というよくわからない理由を付けて、ほとんどやったことがありません。


運送屋というゴリゴリの肉体労働環境に加え、


その筋の方ですか?


みたいな職場の諸先輩方。



それでも、根が真面目な僕は、

コネで入った会社で叔父さんに泥を塗るまいと、それなりに一生懸命仕事を覚えたのでした。


ミュージシャンになる予定でしたので、一生この仕事をやるつもりはありませんでしたが、


気分的には「俺はとりあえず奴隷で行く」でした。



とにかく2年は、それくらい気合い入れないと、

本当に、すぐ辞めてしまいそうなほど僕に向いてない仕事でした。



その時は、そう、思ってました。



朝は早い、夜は帰って来るのが夜中の10時、11時。


住んでる部屋は、生活の全てがベッドの上で完了出来てしまう位、全ての生活用品が接近してました。




ああ、牢獄ってこんな感じな。


って、マジで思いました。



奴隷になって、労働して、帰って牢獄で過ごす。



絶対2年で辞めてやる、、、



固い決意。



しかし、お給料が良かった。



月10万程しか稼いでなかった人間が、月収35万になると、


勘違いします。


俺、金、持ってる。みたいに。



以下は、勘違いしたバカのフローチャートです。


どうぞ。



 普段は忙しくて遊ぶ暇も無い。が、金は貯まる。

 休みの日に発散する。

 ボーナス入って豪遊する。

 豪遊して給料で払う。

 ボーナス払いがあることを知る。

 欲望を満たす為に他人様から借りる。

 借りたものは返す。いや、返せないから他でまた借りる。

借金という素材で出来た雪だるまが完成する。


以上。



2年で会社辞めるどころか、借金返す為に辞められない。



電気は二回ほど止まった。

水道代を督促されると、水道局に行かないと払えないこと、

家賃滞納すると不動産屋が怖い事を学んだ。



「人生の墓場」


ああ、俺は一生この会社で働くんだ。


まあ、、、いっか。


著者の宇野 成人さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。