墓地から這い出て、自由になってやった。

3 / 3 ページ


入社して、5年が経っていた。



冒頭でも書いたように、会社が墓場では無い。


「お金」というツールと「社会のルール」というシステムを使って、


ほとんどの人は、「社会」に葬られている。


もちろん僕の場合は、欲望に駆られ勝手に死んだのだが。


車や、住宅ローン、子供の教育費、など、ツールとシステムに縛られている人は多い。



そこを、抜け出せない墓場だと感じ、理解したのは、



僕が、その墓場を抜け出したからなんだけど。



あきらめた時点で、思考は死んでる。


あきらめた人間のコントロールは容易い。


仕掛ける側は、人間の感情のコントロールを常に考える。



残念ながら、この現実を知らない人は実際多い。


知らない方が良いという人もいる。


僕もそう思う。


知ったが為に、更に精神的に追い詰められることって、世の中にはある。



でも、たまたま僕は、この世の中のシステムに気付き、



堪らず逃げた。



まだ、墓場で息絶えることを受け入れたくなかった。


16年という時間を掛けたが、


上京する前の、あのキラキラした生き方。


好きな時に、好きな様に、好きな事をやる。


を、思い出せた。



墓場から這い出るには、そこが墓場だと気付かないと始まらない。


這い出たとしても、ゾンビのように他人を食ってしまう程、依存して生きてる人はいずれまた死ぬ。


生き返るには、それ相応のパワーが必要だけど、


術はある。



それについては、また需要があれば書きたいと思います。

ゾンビ量産することに意味は無いので。



会社や社会に依存する生き方は、


「楽」です。


何かあったら、そいつらのせいにすればいい。


給料が下がった。


やってられね〜よ!



消費税が上がった。


ふざけんなよ!生活どうすんだよ!



ガソリンが高くなった。


車も乗れないのかよ!



誰かのせいにして文句言ってれば、人はある程度落ち着く。


僕、そうでしたから。


今のこの自分の生活の不満や不安は、自分のせいじゃない!


自分じゃなくて、誰かのせいなんだよぉー!バカヤロー!


スッキリした。ご飯食べよ。


みたいな。



でも、何をどう叫んだところで、

社会
まあ、いいけど。言ってれば?




って、「社会」は返して来るんだなコレが(笑)



ムカつくから、


僕は独立した。



今回も、最後まで読んで頂きありがとうございました。

一度でも、

クスッ、バカじゃんコイツww

って笑って頂けたら、「読んでよかった!」を押して下さいね。

嬉しくて悶えるので。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

暇つぶしに最適なサクッと読めるコラムと、

親バカ丸出し記事を毎日発信しております(笑)

フォロー&友達募集中です!

http://www.facebook.com/uno.masato


情報雑食家MASATOの情報コンテンツ総合サイト

「我侭に生きていくんだ俺は」

http://masato17.com/



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の宇野 成人さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。