あの日見た空の色を僕たちはまだ描けない 第1話 出会った二人

1 / 7 ページ

初めまして  大森といいます。


今回は  恋愛小説を 書いてみました。



小説と言っても   



ノンフィクションのお話です。 




くれぐれも 広めないようにお願いします。 笑


見られたら 恥ずかしいのでね






第1話 出会った 二人






僕は  滝川高校に通っている  



1年の 朝倉 拓哉。 






本来 この高校は  県内でも かなり 




レベルが高い高校で   




本来


僕が いるのは  おかしい 高校だ。  






じゃあ  なんで  僕がこの高校に いるかって?  






それを 話すと とても長くなってしまうけど






まぁ  どうしてもと 言うなら   






聞かせて あげようじゃないか。 笑








そう  あれは  






僕が中学1年の時に  遡る。 




僕は そのとき 陸上をやっていたんだ。 






陸上といっても  その学校は 小さな学校で  




陸上部はない。


   




陸上の大会が ある夏から秋にかけて




練習があるって だけの クラブみたいな  感じ。 






練習をさぼる  幽霊部員なんて  




沢山いる。 



サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の大森 拓也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。