たった一つの出来事で運命は変わる(挫折)

前編: たった一つの出来事で運命は変わる(絶望)
後編: たった一つの出来事で運命は変わる(勇気と上京)

前回の続き


自分なんか生きていても意味がないんじゃないか



そう思うようになっていった。


今でも時々思うことがあるのだが、自分は何のために生まれたのだろうと本気で思うことがある。


野球をやっていたときはプロ野球の選手になるために生きてきた。

プロ野球選手になれると本気で思っていた。野球のためならなんでもできる。

辛い練習も、勉強も、家の手伝いも。プロになれるならなんでもできる…。本気でそう思っていた。

そう思っていたのに


大好きな野球ができなくなってしまった。

もう自分に価値はない。生きている資格すらない。

そう思った16歳の僕は


死のう


そう考えたのだ。

生きているだけで十分であるなんて聞くことがあるが、そんなの精神がボロボロになっている人には何の効果もない。

じゃあ教えてくれよって聞きたいのが本音だ。

でも、誰も答えてくれない。教えてくれない。


ほらやっぱりね…


生きているだけで十分。そんなの嘘だ。気休めなんていらない。

友達も親もみんなが敵に見えてきた。

電車がくる時、何回も飛び込もうとした。家に帰る度にずっと泣いていた。

中には理解してくれる友達もいて、何回も何回も話を聞いてくれた。多分その友達がいなかったら手遅れだったと思う。

そんな時


僕は一つの選択をした


同じ学校には軟式野球部もあった。

もちろん硬式野球と違うので、そこに移った瞬間プロ野球への道は閉ざされる。

夢が趣味になる瞬間でもあった。

学校を変われば良いんじゃないか。そんな声もあった。

確かに学校を変われば良いのかもしれない。でも、金銭的な余裕はない。

答えはおのずと決まった。


プロ野球選手になる夢は諦める


高校1年生、16歳の秋。


僕は夢を捨てた…


軟式野球部に入部することに決めた。

野球を初めて7年目

僕は夢を捨てた。自分の命の変わりに。

この決断はとても辛かった。

でも、


やっぱり野球が好きだった。


夢を捨てることは辛かった。けど、大好きな野球を続けたかった。

夢はまた別なものを見つければいい。

馬鹿な自分なりに答えを出した。もちろん両親には怒られたし、周りの人は驚いていた。

周りの人
え?司軟式野球部に移ったの?
周りの人
甲子園に出れないってことは、プロになれないじゃん
周りの人
うそじゃないの?ほんとなの?


そりゃ周りは驚くだろう。

あんなに野球が大好きで、野球=司、司=野球と地元の人は思っていたし、野球推薦で高校に入学した人が野球部を移ったのだから…。

それでも自分の気持ちに嘘はつけなかった。


野球が好きだ。


それだけが唯一の救いだった。



続きのストーリーはこちら!

たった一つの出来事で運命は変わる(勇気と上京)

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。