☆滅ぼし物語☆1期9章

1 / 3 ページ

☆滅ぼし物語☆

第9章

バットデビルに影を切り取られたソルをユーリたちは栄える街へと運び込む。栄える街に滞在中にフィリニアという女性に出会い、ユーリたちは魔王はソルの影ということを知った。その次の朝にディア・フゥルスが現れて街人を襲っていく。ユーリたちも戦おうとしたが歯が立たなかった。フィリニアの指示で東の占いの店に辿り着くとエミリアという占い師に出会う。そこで色々教えて貰った。そのあと宿屋で一晩過ごすと魔界に行くことに覚悟を決めた。

この物語は魔界に連れ去られた少年の一生を描くストーリーである。

1話(再び光の村へ)

ユーリたちは栄える街を出て灼熱の道と漆黒の森を抜けて光の村に着いた。

ユーリ「以外に早くついたな」

ミナ「私はこっち側には行かないから始めてきたわ」

ゆっくり時間が過ぎていく中、ユーリたちは光の村の入り口から50m程歩いてユーリの家に到着する。

ユーリ「部屋は4つあるから自由な部屋に入っていいぞ」

ユーリがそういうと、ソルとミナは部屋の中に入っていった。

ソル「ん?なんだこれ?」

ソルは粗末なベッドの上にのっている紙が視界に入った。

1話 完

2話(謎の紙)

ソルは紙をゆっくりと見ると恐ろしいことが書いてあった。

ソル「なんなんだ、この紙は・・・」

ソルは謎の紙に目を通すとユーリのいる場所に向かう。

(タッタッタッタッ、ガチャッ)

ユーリ「ソルじゃないか、どうしたんだ?」

ソル「ベッドの上にこんな紙が置いてあったんだけどユーリは知ってた?」

ユーリは首を横に振るとソルの手から謎の紙を取って読み始めた。

ユーリ「・・・こんな紙いつから入ってきたんだ?」

疑問に思っていると日が暮れてきていた。

2話 完

☆謎の紙☆
  説明、差し出し人、☆魔王の手下☆
ハヤクマカイ二コイ・・・マオウサマガキサマヲコロシタイラシイ。

3話(月の無い夜「1」)

日が暮れてくると辺りが真っ暗になってきている中、ユーリは手紙を読み終えると口を開ける。

ユーリ「これは魔王の手下からの手紙か。こんな物がなんでソルのいる場所にあったんだろう?」

ソル「フィリニアの言っていた。魔王の復活となにか関係があるのかな?」

ユーリとソルが話し込んでいると目の前が真っ暗になる。ユーリはすぐにロウソクに火を灯した。

ユーリ「なんでこんなに暗いんだ?」

ユーリは急いで窓の外を見ると月が見当たらないことに気ずいた。

3話 完

4話(月の無い夜「2」)

光の村は人の話し声がなく静まり返っていた。

ユーリ「月が無い・・・」

ロウソクの灯りが辺りを照らす中、ユーリが小さい声でそう言うとミナも異変に気ずいたらしく、ユーリの部屋に入ってきた。

(ガチャッ!)

ミナ「月が見当たらないんだけど・・・急に目の前が真っ暗になったからびっくりしたよ」

ソル「いまユーリとそのことを話してたとこ」

(ガタガタガタガタ)

ユーリたちがロウソクの灯りの近くで話しをしているとなんの前触れもなく急に不気味な音が光の村に響き渡った。

4話 完

5話(月の無い夜「3」)

一定時間経つと不気味な音が聞こえなくなる。

ユーリ「ソル、なんか聞こえなかったか??」

ソル「聞こえた。多分、村の外からだよ」

ユーリとソルが軽く話していると家の外からモンスターの鳴き声がひそかに聞こえてきた。

(フゥゥゥ!!)

ミナ「モンスターが村に入ってきたの?!」

ユーリ「まずいな、早く倒しに行こう。ソル、ミナ、自分の武器をもて」

ユーリがソルとミナに指示を出すとそれぞれの部屋に戻って武器を取りに向かった。

5話 完

6話(闇に潜む者)

ソルとミナが武器を持ってユーリの部屋に入ってきた。

ユーリ「準備は整ったか?」

ソル&ミナ「はいっ!!」

ソルとミナの返事を聞くとユーリたちは家を出て鳴き声の聞こえてきた方へと足を進める。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の高橋 ひろりんさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。