スキンケアの治験2回目 その後

このエントリーをはてなブックマークに追加
6

5日のwashout期間後・・・

容器に入った化粧品を渡されました。結構リッチなないとクリーム。

その晩から、ニュートロジーナの石鹸で洗顔した後、そのクリームだけを塗って寝ろ、という指示。

はーい。

まだ一度しか使っていないのに、翌日、3回目の通院。

早速アンケートに答え始めます。ほとんどの質問が一度だけの使用ではお答えしかねるものばかり。肌が白くなった、とか、見違えて若くなった、とか、しわが減った、とか、つやつやになった、とか、分かるわけないじゃん?


正直に「そんなことはない」の1、を選択してさっさと終了。


この調子で2週間使い続けて、8月1日にまた通院です。

容器に書いてある情報からGoogleした結果、スイスの化粧品で、なんと1つ190ドルちょっとする商品であることが分かりました。

ひょえ~、高いものを、ありがとうございます。

今回の治験は、個別ではなくグループでまとめて説明され、アンケートに答え、次の予約を取る形式なので、他の治験者とお話をしたりする時間があります。

中には、1回しか使っていないのに、文句ぶーぶーのおばさんも。え~っと、私たちは、お客様じゃないんだよ、治験者なの。人体実験なんだよ!?なんだと思ってるんだろう?ま、化粧品のモニターといえばモニターなんですけどね。

香り以外は、私はかなり気に入っています。ありがたく使わせていただきます!

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchi Satokoさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

フレッシャーズ最初の関門「飛び込み名刺交換」の思い出⑥(ラスト)

4度目の受験に失敗した男が、脇道を猛進して彫刻家になり、20年後に悟ったこと。”人生はこれで〇〇〇〇。”

母を憎み子供の頃から自殺未遂を繰り返す鬱病の私が赦しの機会を得、一生モノと思った鬱病を克服。母を愛し尊敬できるようになるまでの話

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録〜プロローグ〜(第1話)

「お腹の子は、無脳児でした。」最終話 ~妊娠498日の約束~

大切な人を大切にする唯一の法則

ちょうど1年前に余命12ヶ月宣告を受けた話。粗筋

俺が詐欺師に騙された話…しかも海外で(後編)

俺が財閥の家庭教師だったときの話(終)

バカ女子高生だった私が、東大に受かった次の日、「バカだと思ってた」と言われた話。

17年前に語られていた楽天の成長プランと競争戦略。三木谷会長インタビュー。(その2)

”たった2つの感情”で引きこもりのキモオタ童貞が、日本でトップの難関大学、東京大学に合格。さらにカワイイ彼女まで作ることができた話

霊視で前世は〇〇な人と言われ、ネットで探してみたら実在しててギョっとした話

離婚前に駆け落ちしちゃった☆テヘペロ 完結編

医者になれなきゃ死んだ方が良いと本気で思っていた高校時代のお話

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchiさんの他のストーリー

  • 一気に開いた日本へのドア

  • Nishiguchiさんの読んでよかったストーリー

  • 【第44話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと3話~