スキンケアの治験2回目 その後

このエントリーをはてなブックマークに追加
6

5日のwashout期間後・・・

容器に入った化粧品を渡されました。結構リッチなないとクリーム。

その晩から、ニュートロジーナの石鹸で洗顔した後、そのクリームだけを塗って寝ろ、という指示。

はーい。

まだ一度しか使っていないのに、翌日、3回目の通院。

早速アンケートに答え始めます。ほとんどの質問が一度だけの使用ではお答えしかねるものばかり。肌が白くなった、とか、見違えて若くなった、とか、しわが減った、とか、つやつやになった、とか、分かるわけないじゃん?


正直に「そんなことはない」の1、を選択してさっさと終了。


この調子で2週間使い続けて、8月1日にまた通院です。

容器に書いてある情報からGoogleした結果、スイスの化粧品で、なんと1つ190ドルちょっとする商品であることが分かりました。

ひょえ~、高いものを、ありがとうございます。

今回の治験は、個別ではなくグループでまとめて説明され、アンケートに答え、次の予約を取る形式なので、他の治験者とお話をしたりする時間があります。

中には、1回しか使っていないのに、文句ぶーぶーのおばさんも。え~っと、私たちは、お客様じゃないんだよ、治験者なの。人体実験なんだよ!?なんだと思ってるんだろう?ま、化粧品のモニターといえばモニターなんですけどね。

香り以外は、私はかなり気に入っています。ありがたく使わせていただきます!

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchi Satokoさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(2)

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(1)

初めての海外旅行13

自分らしくを大切にする人生 その8 ~ガラクタ整理で人生が好転。体調を崩し、JICAを辞め、将来の展望が持てない不安な時期から、一転、ガラクタ整理師となり、本を3冊出版することに。~

③『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その3(再婚とオンライン空間)

人生は学歴で決まる【4】

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」後編

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間 最終話

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間 第三話

母が肺がんになり、そして死ぬまでの一年間 第二回

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

不動産投資をやると決めた(5)とにかくやってみて分かったこと

なぜ中学3年間保健委員を貫き通したのか?真田孔明の赤裸々な過去を暴露

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchi Satoko

アメリカに学費免除で留学、就職で永住権。もともとだめんずだった夫がついに鬱。毎日もがいてます。誰か助けて~。

Nishiguchiさんの他のストーリー

  • アメリカで、転職

  • Nishiguchiさんの読んでよかったストーリー

  • ブラック会社の最高経営責任者になった。4回目