フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第4話

▲他2件のストーリー
フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第4話
▼他25件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
301

長い長い波乱の人生の入り口に立った私

《これまでのあらすじ》

篠田桃子は普通の大学生活を送っていた。ある日恋人を怒らせ、落ち込んでいた桃子は財布と携帯電話を失くしてしまう。絶望的になった桃子は半ばパニックで風俗店のアルバイトの面接へ行ってしまうほどであった。なんとか落ち着きを取り戻した矢先、拾ってくれた女性がいることが分かり早速会うことに。ところが女性が言うには拾ったのは携帯電話のみで財布はなかったとのこと。さらに話すうちに拾ったのは女性ではなく一緒に来ていた柄の悪い恋人の方だと分かったのだった。



私の両親は私が小学生の頃離婚した。

それまでも諍いが絶えず、母親はよく自嘲気味にこう言ったものだ。

「アタシは男で失敗した」と。

そしてまだ幼い私の肩を掴んで、アンタはママみたいになっちゃダメだからねと言った。


家庭環境の割には、真っ直ぐ普通の子と変わらない人生を生きてきた。

多少の反抗はしたが、グレたりなどせず、テストの前はよく勉強した。

大学は母親の期待通り国立に入った。

でも、それはなるべくして成ったのではなく

私が無理をして努力してきた経過と結果だ。

私は普通でいたかった。例え片親であろうと。

人一倍、普通であることを意識し続けてきたのだ。


なのに…


あの日を境に私の平凡に歩むはずの人生の歯車が狂ってしまったのだ。




私は改めて男を盗み見た。

男は鼻歌を歌いながら携帯電話をいじり続けている。

目が合うと私の本音が見透かされそうだった。

私は疑惑と怒りの念を込めて男を見ていた。


私の忘れ物を拾ったのは女性ではなく、後から来たこの柄の悪い男の方だった。


財布は携帯電話と一緒にあった。それなのに財布はなかったなんて絶対嘘だ。

仕送りの8万円がそのまま入っていた財布だ。

この男が持ち主に正直に返すとは思えない。

でも、そんなことは絶対本人には言えない。

怒らせると何をするか分からない雰囲気を持った男だ。

それにもしかするとコイツの前に他の誰かが財布だけ持ち去ったとも限らない。


ああ、でもどうしよう。

明日からどうすればいいのだ?


意気消沈の私に女性は、励ますような言葉をかけてくれたが、よく耳に入らなかった。

私は立ち上がり、力にない声でトイレへ行ってきますと言った。

そして個室の中でしばらく座って考え込んだが、何も解決法は見つからなかった。

そして、また彼らの席に戻っていった。

彼らは何か熱心に喋っていたが私に気がつくと、女性がニコッと笑った。

赤い唇からこぼれる、キチンと整列した白い歯が美しくてしばらく見惚れた。


「あのさ、考えたんだけどね、うちで働くのってどうかな?」


女性が言った。私はえ?と言って彼女を見た。


「あ、ウチって言っても、うちらの店じゃないんだけど、ま、一応任されてて」


「はあ…」


「アナタさ、水商売したことある?」


「……一応、今、居酒屋でバイトしてますけど」


「そうじゃなくって、お客の横についてお酒注いだり、話し盛り上げたりする仕事」


私は首を横に振った。


「そっか、やっぱりね。アナタ本当に真っ直ぐそうな子だもんねえ」


私は、いえと謙遜した。

男が相変わらず無遠慮な目つきで見てくるのが気になったが、女性の言葉を聞いた。

女性はこの付近でパブを任されているらしい。

ついこの間、キャストの女の子の欠員が1名出たので、よければ手伝ってくれないかと言うのだ。

時給は2500円。慣れればもっと上げてくれるそうだ。

今にバイトの約3倍。しかも日払いしてくれるという。

気がつけば私は彼女の話に真剣に耳を傾けていた。


「やってみるかどうかは今から店に来て決めてくれていいから。んで、アナタ当面のお金ないんでしょう?  もし、うちでのアルバイトを決心してくれたら失くしちゃった8万円前借りさせてあげる。どう?悪い話じゃないと思うよ、考えてみて」




女性の名前は中西玲子と言った。年齢は不詳。

オーナーの幾つも所有する店の一つである『パテオ』の女主人だった。

後に入店して分かることだが彼女自身もやり手のオーナーの所有物の一つなのであった。

彼女の恋人らしき柄の悪い男の名前は佐々木昭泰。店の中では黒服の中心的な存在だった。



店は雑居ビルの地下1階にあった。

地下へ続く階段の前で黒服と下着のようなキャミソール姿の女の子が何か話していた。

玲子たちの視線に気づくと、すぐ笑顔であいさつした。

昭泰がドスのきいた声をかけた。

「おい、なんかトラブルかよ。ミホ、どうした?」


まるで自分の女に対するような馴れなれしい呼び方だと思った。

ミホと呼ばれた女の子はチャラそうな子だった。

「同伴、すっぽかされちゃったんでえ〜すう」


「バーカ、その分指名してもらえよ」


「もお、アキさんイジワルう〜」


と言って、ミホはクネクネしながら階段を降りていった。

ドウハン?   シメイ?

私には彼女の言っていることがよくわからなかった。

当日、私は本当にこういう世界は未知の領域だったのだ。


まるでオシャレなBARラウンジのようだった。

まだまばらだが客に2人ずつ女の子がついている。

薄暗い店内だが例の風俗店とは違い、オレンジの照明で店全体が見渡せた。

内装はシンプルだが、所々センスの良い装飾があり、落ち着きのあるジャズが流れている。

ただ、結構なボリュームなので話し声は聞こえない。

私の目は、昨夜の風俗店と比較していたせいかこの光景が健全に見えた。

客もスーツを着たおじさんが大半で、スケベ面はどうしようもないが

外面は紳士的で女の子に無理に触る者は1人もいなかった。

中には女の子のタバコの火をつけてやる客までいた。


私たちはラウンジの一角にあるソファに座っていた。

「どう?  できそう?」

玲子が言った。

私が答えに困っていると昭泰が口を挟んできた。


「何てことない、オッさんたちの話聞いてやりゃいいだけ。オッさんは若い可愛い女の子が

頷いたり、驚いたりすんのが嬉しくてしょうがないのよ。   ま、寂しい連中への人助けだと割り切れば

この仕事悪くねえって思えるからよ」


私は黙って頷いた。

そうか、この男の言うこと間違ってないかも。

歳とったってトキメキとか欲しいものなのかもしれない。

ボランティア精神でやるなら私にもできるかもしれない。


その時、急に暗転した。

私はドキッとした。


なに?!   なにが始まるの?!

まさか…

昨夜の悪夢のような光景が脳裏に浮かんでくる。

玲子さんの声がした。

「大丈夫よ。見て、始まるから」


???私は目を凝らしたが何も見えなかった。


が、その次の瞬間爆音に近いBGMが流れてきた。

これは…

松田聖子のアイドル時代の名曲だった。

何でこんな古い曲が…?

でも、可憐で可愛らしいリズムと歌声だった。

そして幕が上がった。


照明の下で淡いピンク色の衣装をまとった女の子たちが踊りだした。

体を反らせたりフワフワと揺れたり歌声のイメージ通りの可憐な舞だった。

照明が赤く染まり洋楽が流れ今度は白と黒の衣装の女の子たちが登場する。

妖艶にクネクネ腰を振ったり、上半身を倒し床にうつ伏せになったり、

同性の私の目から見てもセクシーでキレイだった。

離れた席に腰掛けてみている中年のオジさんは口を半開きにして釘付けになっている。

その後も、女の子のキレのあるダンスや本格的な歌唱力の歌などが続き20分のショーは終わった。


私はショーが終わってもしばらくさっきのオジさんのようにボーッとしていた。


「今のが9時からの第一幕。それから11時に第二幕もある。うちはショーパブなの。ショーに出れば顔が売れて人気者になれる。ここで働くならあなたにもでてもらうことになるから」

玲子は私の顔を覗き込んんで微笑んでいた。

「どう?やれそう?」


私はタクシー代をもらって家に帰った。

玄関で靴を脱ぎながらまだ夢を見ているようだった。


帰りの電車代すらなかった私なのに

玲子が無理やり手に持たせてきたのだ。

家を出る時はタクシーで帰宅するなんて想像もしてなかったことだ。


ベッドに腰を下ろし

今日起きた出来事を反芻していた。

と言っても、ほとんどが、ついさっき観たショーについてだった。


美しい

と思った…


こんな気持ちは生まれて初めてだった。


長い長い人生の中で若く美しい時期はごく短いということ

それは若さの真っ只中にいる19歳の私にも何となくは分かっていた。

その限りある美しさを物語っているかのような儚げで、それでいて女性の美しさを余すところなく魅せるステージだった。


もしかすると今夜あそこに座って観ていた人間の中で

私より強く魅了された者はいないかもしれない。

玲子さんはそれを読んでいたのかもしれない。

タクシー代と一緒に8万円の封筒を渡してきた。

私は戸惑いながらも、それを受けとった。


「必ず返します」


「あなたがここで働けば、そのくらいすぐ返せる。明日、待ってるからね」





私は封筒に中にある万札の厚みを感じながら

もう引き返せない

と思った。



そう、その思いは的中する。


それでも私はまだ、知らなかった。

私の待ち受ける未来が今、想像する以上に非日常であり、過酷であることに。



私は平凡で普通の人生を歩いてきたつもりだった。

そしてこれからも、そのつもりだった。

大学を出たら、就職して、職場結婚して、子供を2人くらい持って

平凡だけど幸せな人生を生きよう。

本当は無理をしていたのかもしれなかった。

普通であることは、当たり前なようで、そうじゃなかった。疲れることも多かった。

皆と同じに、はみ出さず、目立たず…

いつも心でそう願ってきたつもりだった。


私は窓から見える月を見上げた。


ーーー私はどこへ向かっていくんだろうーーー

その時

私のまだ純粋だったであろう瞳に綺麗な三日月が映っていた。


























読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Yoshida Maiko

恋愛や婚活をテーマにコラムを書いています。またライターとしても活躍中。6年間の海外生活や教育学や心理学も学んだ経験から人生に携わる結婚観連の仕事をしています。 http://ameblo.jp/maichelle←よかったらアメブロものぞいてみて下さい、

Yoshida Maikoさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

第一回:沖縄の魅力(沖縄に移住するおはなし)

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

1億円持って生まれてきた「奇跡の女の子」のお話【大島享】

人生で一番しんどかったこと 終

松田聖子さんが好きな大学1年生。常に新しいことに挑戦するアイドルを目指しています!

イベント業界で生きていく

17年前に語られていた楽天の成長プランと競争戦略。三木谷会長インタビュー。(その2)

うつ病と戦いながら仕事と看病を続けていた忘れたくても忘れられないあの日のこと

17年前にタイムトリップ。社員7名だった楽天の三木谷会長は当時、何を語っていたのか。(その1)

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ2(発生事実・後編)

第5話 (後編)アフリカへ行く彼から学んだこと【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

学歴フィルターを無視してFラン大学の学生に内定を出した話

前から日本語教師らしさに欠けると思とったけど・・・

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

Yoshida Maiko

恋愛や婚活をテーマにコラムを書いています。またライターとしても活躍中。6年間の海外生活や教育学や心理学も学んだ経験から人生に携わる結婚観連の仕事をしています。 http://ameblo.jp/maichelle←よかったらアメブロものぞいてみて下さい、

Yoshida Maiko

恋愛や婚活をテーマにコラムを書いています。またライターとしても活躍中。6年間の海外生活や教育学や心理学も学んだ経験から人生に携わる結婚観連の仕事をしています。 http://ameblo.jp/maichelle←よかったらアメブロものぞいてみて下さい、

Yoshidaさんの他のストーリー

  • フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第3話

  • Yoshidaさんの読んでよかったストーリー

  • さいとうさん