ほんとうのこと~入院顛末記~(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加
10

精神科病棟入院までのはなし

宝くじが当たっているという幻聴は

宝くじが当たっているという妄想をひきおこした。

近くに元妻が住んでいた。

そしておいらは元妻のところに走った。

元妻の隣の住人は最近意味不明な亡くなり方をしていた。

そして死神のついた青年と元妻の隣人の死。

死神が元妻の部屋に移動してはいけないと思った。

そして妄想と化していた宝くじのあたりを知らせようと思った。

それがなんだか死神を遠ざけるのではないかと思った。

元妻の部屋に向かったのが昼だった。

玄関のベルを鳴らして元妻を呼んだ。

宝くじが当たったよ。

元妻が言う。

何等が当たったん?

それはお前が決めたらいい。

妄想の支配下にあるから会話は成立しない。

おいらは今度は声色を使って同じことを言った。

元妻はもういいからといって扉を開けようとした。

するとおいらは扉を開けないように言った。

同じ会話を繰り返しいろんな声で言った。

この会話は夜まで続いていたみたいで

おいらには最初の一回目の記憶しかない。

完全に狂ってしまっていた。


自分の部屋にもどりちょこんと座った。

ちょこんと座ったおいらの横に気配を感じた。

そして、その気配がおいらに話しかけてくるのだ。

はぁ~、人の願いは大変だ。わたしは悩んでいるんだよ。

おいらは自分にできることがあれば助けましょうかと

こころのなかで唱えた。

すると座った状態から体が

急に自由がきかなくなり

知的障害の子供が座りながら

ぐるぐる回るように

おいらの体が座りながらぐるぐる回り始めた

な、何や?

幻聴が言う

人間はすぐそう

ほらあかんやろう?

その声を聞いたのに答えず言う

えっ?どうすればいいんや

幻聴がまた言う

リピートやな

これは繰り返さんといかんな

おいらは体の自由を奪われ

ぐるぐる回るのに気分が悪くなりつぶやいた

くそっ

幻聴が言う

またや、人間はすぐそうなる

助けてくれるんとちゃうんかい

ぐるぐるが止まらないこの現象に思った

どうやったらいいんや

アカンこれ延々つづくんか?

幻聴がまた言う

おまえは誰かを助けたいんとちゃうんか?

何かしてやりたいんとちゃうんか?

ぐるぐる回るのがとまらないのだ

意識が薄れていくような感じがする

幻聴が言う

お前の救いたいのは誰や

おいらは頭の中で考えた

アカンぐるぐるがとまれへん

彼女は大丈夫や

元妻が危険やねん

隣の部屋に死神がでとる

幻聴が言う

ほんまにそうなんか!

おいらは次の瞬間

自分で自分の頭を床に打ちつけ始めた

何度も何度も床に打ち付けた

助けなあかんねん

助けなあかんねん

何度も床に頭を打ち付けた

繰り返し何度も打ち付けて

わけのわからない存在が消えた

そして意識が薄らいできたなか

頭を打ち付けることがとまり

そして意識が真っ白になり

これが悟りなのかというような

心の平安というか

ひとつになったような静かな

心の状態を向かえ体が硬直する

あまりにも平安なその心境に

おいらは思わずこう思った

孔子が

今日知ったら明日死んでもいいといったのは

このことなのだろうか

悟りがおきたのだった

その瞬間だ

死神が自分に襲い掛かってきたのだ

死んでもいいんやな!

お前は死んでもいいんやな!

平安な時間は急に消えて

死神が襲い掛かってき始めたのだ






読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

坂 光男

写真を撮ったり絵を描くのが好きです。凹んで、凹んで、凹んで、病気になりました。 えっと 体力はありません。腰はもう20年以上痛みます。 12時間は睡眠します。 なるようになる。ええねん。まっ、ええけど。 好きな言葉です。

|

とんでもない体験のタグがついたストーリー

第159章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

非モテ・根暗で鬱寸前だった男がアイドルプロデューサーになった話

【1分で読める】トイレの水が止まらなかった話。

お登りさん東大女子が、女子力の壁にぶつかり、サボテン女になり下がっていたところ、ミスターYのおかげで女偏差値を30上げて、コンプレックスを克服できた話(作成途中です!)

ニューヨーク滞在1年半の予定がまさかの半年で強制帰国

You used to be my everything〜あなたは私のすべてだった〜episode 4

You used to be my everything〜あなたは私のすべてだった〜episode 3

You used to be my everything〜あなたは私のすべてだった〜episode 2

 四階からの飛び降り自殺.下半身不随の私が必死で断食40キロダイエットで歩けるようになるまでの話

【4話】1人でアフリカに行ったら、タクシーで男2人に乗り込まれて、丸一日観光案内。最後は君と夜を過ごしたいと言われた女子大生の話①。

偏差値50代から東大現役合格「恋愛のパワー」で不可能を可能にした話

僕は車椅子に乗っている。ただ、それだけのこと。~幸せになるための〇〇~

第158章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

南総里見八犬伝から……のヒントを得る

第157章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

坂 光男

写真を撮ったり絵を描くのが好きです。凹んで、凹んで、凹んで、病気になりました。 えっと 体力はありません。腰はもう20年以上痛みます。 12時間は睡眠します。 なるようになる。ええねん。まっ、ええけど。 好きな言葉です。

坂 光男

写真を撮ったり絵を描くのが好きです。凹んで、凹んで、凹んで、病気になりました。 えっと 体力はありません。腰はもう20年以上痛みます。 12時間は睡眠します。 なるようになる。ええねん。まっ、ええけど。 好きな言葉です。

坂 光男さんの他のストーリー

  • ほんとうのこと~入院顛末記~(7)