家族のコミュニケーション-その19  言い争いをやめるには

1

 

現実の問題

 

あなた方ご夫婦は普段の会話が,穏やかで心地良い物でしょうか

少し難しい問題でも穏やかに話し合うことができますか。

それとも,ちょっとしたことですぐ口論になるため,

二人はいつも緊張していますか。

 

そのようなご夫婦は少なくありません。

緊張するまでないまでも、いつもけんか腰での話になって

話し合うと言うより、自分の意見を言い合うだけの場合が

多いのではないでしょうか。

たとえそうだとしても,事態を改善することは可能です。

しかし,なぜそんなに言い争ってしまうのか,理由を知る必要があります。

 

◆◆ なぜそうなるのか ◆◆

 

◆誤解が生じるため。

ある妻の声

「主人に,ある事柄について話しても,

自分の思ったとおりの結果にならなかったり,

話したと思っていても,夫は聞いていないと言うし、

実は私がそう思い込んでいただけだと言われたり、

誤解が生じることがあります。実際にそういうことが良く起きるのです」。

 

◆意見が異なるため。

どれほど気の合う夫婦でも,すべての点で一致することはありません。

お互いに見方が異なることはあるものです。

なぜなら,二人の人間があらゆる点で同じ

ということはないからです。

そうした違いが,結婚生活に彩りを添えることもあれば,

緊張を生じさせることもあります。

多くの夫婦にとっては緊張を生じさせる結果になっているのです。

違いがあっても気にならない夫婦もあり、

一度も喧嘩したことが無いと言う夫婦もあります。

また、夫が一度も怒ったことがなく、どんな状況でも穏やかという事もあります。

 

◆良い手本がなかったため。

親から教えられて、良い妻、良い夫になる場合もあります。

子供は毎日、親の後ろ姿を見ているので、同じような考え方や見方をする者です。

ある妻の声

「父も母も,よく言い争っては,

互いに対して敬意の欠けたことを言っていました。

それでわたしも,結婚すると夫に対して,

母が父にしていたのと同じような話し方をしました。

敬意の示し方を教わっていなかったのです」。

自分で気が付いて身に着ける方もおられます。

また、ご両親を反面教師として、そうなりたくないとか

そうあってはいけないと思って、より良い特質を磨く人もいます。

 

◆◆ 真の問題点はどこにあるのか。 ◆◆

 

激しい言い争いの本当の争点は,往々にして,

きっかけとなった出来事とは別のところにある場合があります。

例えば,「あなたはいつも時間に遅れる!」

という言葉で口論になる場合があるとしましょう。

本当の争点は,時間厳守の必要性ではなく,

待たされる側が日頃から思いやりを示されていないと

感じていることにあるのかもしれません。

感情的に許せない人になっているのです。

ですから、争点は何でも良かったのです。

 

 原因が何であれ,言い争いばかりしていると,

健康にもよくありませんし,

やがては離婚にまで深刻な問題になるかもしれません。

では,どうすれば言い争いをやめることができるでしょうか。

 

 

◆◆ どうすればよいか ◆◆

 

言い争いを避けるかぎは,

根底にある問題を見極めることです。

平穏な時に,配偶者と共に話合っておいて下さい。

 

  • 夫婦それぞれが,別々の紙に,

    最近どんなことで言い争ったかを書き出します。

     

    例えば,夫は,「君は一日じゅう友人たちと一緒に過ごして,

    僕には電話一つかけてこなかった」と書くかもしれません。

    また,妻は,「あなたは,わたしが友人たちと

    一緒に過ごしたことに腹を立てた」と書くかもしれません。

  •  

  • 次の点について,先入観を抱かずに話し合ってみてください。

    その問題は本当にそれほど重大なことだったのか,

    目をつぶることもできたのではないか,といった点です。

    場合によっては平和を保つために,

    意見が異なるという事実を互いに認め,

    問題を愛で覆う事が出来なかったのかと話し合います。

    また、どうすれば愛で覆う事が出来たのかも

    具体的に書き出してみて下さい。

    何をすべきかがより良く分かってきます。

     

    違犯を覆い隠す者は愛を追求しており,

    事を言い立てる者は親密な者たちを引き離してゆく

  •  

    もし夫婦共に,問題はささいなことだったという結論に達するなら,

    互いに謝り,解決したことにしましょう。

      

      だれかに対して不満の理由がある場合でも,

    引き続き互いに忍び,互いに惜しみなく許し合いなさい。

     

    もしも夫婦の一方あるいは両方にとって,

    問題がもっと深刻なことに思える場合は,

    次のようにしてみてください。

     

  • 言い争ったとき自分がどういう気持ちだったかを

    紙に書き,配偶者にもそうしてもらいます。

    例えば,夫は,「君は僕と一緒にいるよりも

    友達と一緒にいたいのだと思った」と書くかもしれません,

    妻は,「子どもなら父親に自分の居所を知らせなければならないけど,

    わたしは子どもじゃない,と思った」と書くかもしれません。

  •  

  • その紙を交換して,相手のコメントを読んでください。

    言い争ったとき,相手は本当は何を問題としていたのでしょうか。

    言い争うことなく根底にある問題を解決するためには

    各々がどうすればよかったか,話し合いましょう。

     

    愚鈍な者は自分の霊をさらけ出し,

    賢い者は最後までこれを穏やかに保つ

     

  • これまでのところで,どんなことが分かったでしょうか。

    今後,言い争いを解決したり避けたりする上で,

    そのことをどう生かしてゆけるでしょうか。

  •  

     

    ◆◆ 聖書のアドバイス ◆◆

     

    『違犯を覆い隠す者は愛を求めている』。

    「引き続き互いに忍び,互いに惜しみなく許し合いなさい」。

    「愚鈍な者は自分の霊をさらけ出し,賢い者は最後までこれを穏やかに保つ」

     

    真の問題を探る

    口論した時,実際には相手に何を求めていたのでしょうか。

    根底にある問題を見極めましょう。

     

    その時の状況を“再現”する

    言い争う代わりに,各々どうすれば,根底にある問題を解決できたでしょうか。

    ささいな問題であれば,互いに謝って,解決したことにしましょう

     

    読んでよかった
    このストーリーをブログ等で紹介する

    もも と つばさんが次に書こうと思っていること

    |

    家族・育児のタグがついたストーリー

    中卒鬱病引きこもりニートのダメ人間が子供10人の大家族の父親になってしまった話

     文部科学省選定ドラマ「愛を乞うひと」を観て感じたこと

    長野の思い出の味

    3.11!!いじめられっ子原発難民のその後に関すること。

    地下1階から11階へ ~フリーターから3年で会社社長になった弱虫バンドマン~【プロローグ】

    現実から逃げちゃだめだ。とはいえ、年末は真田丸とバックトゥーザフューチャーで現実逃避をしていた私だ。そんなメルブ調で語る勇者ヨシヒコも好きな話。

    【第24話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

    【第23話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

    【第22話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

    家族のコミュニケーション-その22  家庭の平和を促進する

    家族のコミュニケーション-その21  負債に対処する-その2

    家族のコミュニケーション-その20  負債に対処する-その1

    家族のコミュニケーション-その19  言い争いをやめるには

    家族のコミュニケーション-その18  “だんまり戦術”を回避する

    家族のコミュニケーション-その17  相手の話をよく聞く

    もも と つばさんの他のストーリー

  • 家族のコミュニケーション-その3  問題が起こったら