間違いだらけの婚活Part 2 私が心のマッチングサイトを開設する理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
10

あなたは結婚式がしたいだけ


ちょっと思い当たる方いませんか?


確かに、結婚式は人生の晴れ舞台

純白のドレスを身にまとい

皆の拍手喝采を浴びる、人生で一番輝く日


今日ばかりは誰がなんと言おうと主役はワタシ!

皆の視線が私の一挙一動に注がれ続けるのだ


もしかしたらこの日のために生まれてきたのではないかとさえ思う


思えば幼い頃からこの日が来るのを信じ夢見てきた。

これまで何人の友達を見送ったことだろう。

まだ挙式に参列するのに慣れない頃は

純粋に式に感動したものだ。


あの真理子(仮名)が結婚するなんて?!

信じられない、本当に!?

ああ…真理子キレイ…いいなあ…

あんなに笑って…  幸せそう



それが何年も何年も、同じようなシチュエーションを

目にして来ると、可愛げのカケラもないことを考えるものである


久美子(仮名)…なんで、あんなセンスのないドレスにしたんだろ

安っぽいし、この料理もイケてない

ていうかさ…どうしてあんなさえない人と!?

先に言いそびれましたが

これ私の心の声ではないですよ。

二次会の酔いの席でもなく

その後日に参加した女子同士のよくある声です。



結婚式への憧れを通り越して、やっかみ、ヤサグレ時代を経て


そしていつしか、こう思うようになるのです。


私は絶対みんなに超羨ましく思われちゃう式にするんだから!



その典型というのは

単純に言えば

センスが良くて、ゴージャスで

隣に立っている相手は頭一つ大きくて

エリートでハンサムで


正直な話、私の結婚カウンセラーとしての経験から申しますと

上記揃った完璧な式を女性たちは望んでおられました。


私はよく彼女たちに聞きました。


何のための結婚式だと思う?


皆が一様にこう答えます。

みんなに見せるための式


みんなとは、育ててきてくれた親に恩返しとかではなく

主に友達を指します。


だってショボい相手とショボい結婚式なんて

格好つかないじゃないですかあ〜


5万円はくだらない流行りのトレンチコートを着て

完璧に手入れされた綺麗な顔を歪めて彼女は笑います。


違う…

私は心の中で呟きます。

結婚式はアナタとお相手とが幸せを誓い合うためにあるの!

その先の長い長い2人の人生のために


それでも裏腹に私はニッコリ笑って彼女に語りかけます。


そうですね、アナタが恥ずかしくない式になるといいですよね!


こういう価値観の方というのは

結婚したいというより


自分が満足する相手と結婚式がしたいだけなのです。


そして残念なことに

そういう理想を元に探しても、

その虚栄心を満たせる相手に、なかなか出会いないままだったり

出会えて、満足のいく挙式をしたものの

数年後、会った時の彼女たちは

あまり幸せそうに見えなかったりするのです。


結婚式にあまりにもこだわるあまり

結婚式が終わった後

抜け殻のように燃え尽き症候群になる人もいます。


だって式が終われば

気の遠くなるように長くパッとしない人生に戻るのです。

あんなに注目してくれた参列者も元の無関心に戻ります。




私はこのコラムの前に

『間違いだらけの婚活 〜 オトコとオンナの無意味すぎる1時間』

というコラムで現代の結婚観のねじれと偏見について

長々とお話しさせてもらっています。

さらに言うと、その前には

現在の婚活の悲劇を実話に基づいて描いた

『友達が自殺未遂しました、たかが婚活で』を全4回連載しました。


なのでこのコラムではこれ以上の批判をするつもりはありません。


以上書いたことは、今日のテーマであります

「心とココロのマッチングサイト」

を私が開設しようと思った経緯と動機です。



結婚に携わる仕事に縁あって身を置く私は長年


心の中でずっと現代の婚活や世間の結婚観に疑問を抱き続けてきました。



昨今の婚活では、やたらセレブという言葉をもてはやし

セレブになれば幸せが約束されたも同然と

先入観たっぷりの言い回しをしたり

偏った価値観の元で勝ち組負け組などという

勝手な架空の境界線を作りったり

独身者に偏った結婚観を植え付けています。



その結果、無理な婚活をして、疲れている人々ショック!が後をたちません。



また、これだけ相談所やパーティ等出会いの幅が広くなっているも関わらず

実際は成婚率、下がっています。

その証拠に、日本の独身者の5人に1人は結婚に悩む結婚難民であり

生涯未婚率も上昇する一方です。


そして離婚は3組に1組という高い確率です。



これも全ては結婚観や婚活がおかしいせいではないでしょうか?

storysという自分語りのサイトに「友達が自殺未遂しました、たかが婚活で」というお話し投稿してから、意外と多くの方に反響をいただきました。


これは事実をもとに書いた話ですが劇中に

私の理想とするあったらいいのになという

婚活サイトを紹介しました。




それが『心と心のマッチングサイト』です。




結婚生活において切っても切り離せないもの

「夫婦の心とココロのつながり」に一番に考えた

新しい婚活サイトです。



いくら贅沢な生活でも、心の絆がない2人だったら?

それは人間として、本質的に満たされたな生活ではありません。


一番長く近くにいるパートナーに愛情が沸かない

または心が通い合わない状態を続けること

これほど虚しい人生ではないでんじゃないでしょうか?




私は『心とココロのマッチングサイト』によって


婚活革命を起こしたいのです!!

末長く長い目で幸せになれる結婚を増やし

離婚のない社会を作る。

結果、幸せな子供が増え

日本中が笑顔でいっぱいになる。


これは私の最終的な夢。


この夢の第一歩として


『心とココロのマッチングサイト』の開設を決めました。


このサイトの最大の特徴については次回のコラムで紹介します。


また、『友達…たかが婚活で』の話の中でも書いています。


アメブロでは恋愛や婚活、そして人生をテーマに

ブログ書いています。


心とココロのマッチングサイトについても

詳細を載せていますので、こちらもチェックしてみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓ 


http://ameblo.jp/maichelle



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Yoshida Maiko

恋愛や婚活をテーマにコラムを書いています。またライターとしても活躍中。6年間の海外生活や教育学や心理学も学んだ経験から人生に携わる結婚観連の仕事をしています。 http://ameblo.jp/maichelle←よかったらアメブロものぞいてみて下さい、

Yoshida Maikoさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

餃子の歴史をきっかけに台湾できゃりーぱみゅぱみゅを全力で踊って超絶モテモテ!そしてフロリダディズニーのおねえさんとなった話。

借金を残して自死した父①

高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.1

最終話:11歳で母を自殺で亡くした若者が生きることを諦めなかった『からあげ』の話。

【ニート道】借金300万抱えた私が上智大卒ニートになるまでの道のり【人生で大切なことって何?】

注意欠陥障害です、と言われた非常識でじぶんの人生他人事の痛い女子だったわたしが、じぶんの仕事を見つけて20日で400万円以上稼いでしまったストーリー。

イベント業界で生きていく

【後日談】「そういうわけで、初心者のためのバスケットボールチームができました」

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート1

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

母親の事が嫌いだったけれど、自分が親になって知ったたくさんのことと、これから親になるあなたへ

39歳独身経営者、中学生に負けたくなくて英語を勉強した結果、海外留学エージェントに昇格した話。

なぜ安定した生活を捨ててNPOをつくったのか

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

Yoshida Maiko

恋愛や婚活をテーマにコラムを書いています。またライターとしても活躍中。6年間の海外生活や教育学や心理学も学んだ経験から人生に携わる結婚観連の仕事をしています。 http://ameblo.jp/maichelle←よかったらアメブロものぞいてみて下さい、

Yoshida Maiko

恋愛や婚活をテーマにコラムを書いています。またライターとしても活躍中。6年間の海外生活や教育学や心理学も学んだ経験から人生に携わる結婚観連の仕事をしています。 http://ameblo.jp/maichelle←よかったらアメブロものぞいてみて下さい、

Yoshidaさんの他のストーリー

  • フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第2話

  • Yoshidaさんの読んでよかったストーリー

  • 中学の友人からの突然の電話、ついていったらこうなった!?