Episode2 新生流川! 同伴なんてへっちゃら

このエントリーをはてなブックマークに追加
17

初めての後輩Bになめられて1か月。




流川は太刀打ちできませんでした。



やっぱおかんパワーヤバいっすw


運も実力のうちって言葉もありますが




めっちゃ悔しかったです。



顔には出さなかったんですが、


内心すごい燃えてましたw



と、



そんな悔しい日々が続き。





流川が入店して半年。





ちょうど誕生日がある月でした。





出会いがありました。




それも代表指名のお客様と一緒に来店された新規の


おばさま?でした。


その日は週末という事もあり店内は大忙し。



その時間指名もなかったからか、30分も隣に着くことになりました。




そこで話した内容は



子供好き

嵐好き




その2つの話題だけ。




お会計時。


代表『送り指名やっちゃけど、どうする??』



そのおばさま『さっき着いてくれてた流川君がいいな。』



代表『流川ね~♪ちょっと待ってて。』



代表がレジで耳打ちをする。


レジFさん『流川~!8番ボックス送りね~。やったやね~か。ちゃんとびしっと掴んでおいで♪』


(Fさんは店で一番の年長者。それもあってかスタッフのモチベーションを上げるのがうまい!)



流川『はい♪ありがとうございます。行っていきます~』



流川心の声(よーし。順調順調♪でも、家庭持っててあんまり飲みに出ないっていってたからなあ~)




と席に着き、連絡先を交換。



すると。



おばさま『そういえば明日とか空いてる??』


流川心の声(え?さっそくプライベート誘われるパターンなの(-_-;)?)



流川『そうですね~。特に出勤する以外、予定ないですよ♪どうしました??』



おばさま『予定ないなら明日ご飯いこっか♪ ほら、さっき話してたところ!』



流川心の声(え。ただでえ出勤時間早いのに・・・・(-_-;))



流川『いいですね♪ でも、何時にします??』




おばさま『流川くんが良ければ同伴?とかで行きたいけど・・・・忙しかったら今度でも大丈夫だよ?』




流川心の声(きたーーーーー!是非行きます!!!(笑))



流川『僕でよければ是非同伴させてください!明日何時にしましょうか。楽しみです。』




・・・・・・と、




いきなり明日の予定も組める始末。


流川ウハウハ。


これであいつBにも勝てるかも・・・・。


と、次の日夜の8時半にスーツで鉄板焼き屋さんで


ステーキをご馳走になり・・・・


うちの店に来店。


『いらっしゃいませー!』





気持ちい掛け声とともにテーブルへ案内される




流川とおばさま。




案内役『お飲物はいかがなさいますか?』


おばさま『メニューがあればそちらを持ってきてほしいんですが・・・』





案内役『すみません。こちらがメニューです。』




流川心の声(おっと。ボトルメニューを見るのか。見るだけってパターンか、焼酎のキープかな?)




(だいたいのお客様がハウスボトルの焼酎か、別料金のカクテルやビール)



おばさま『じゃあ・・・・・・・・流川君?イチゴ好き?』



流川『好きですよ♪さっき言ったじゃないですか~♪』



おばさま『だったよね。じゃあこっちのイチゴ味のシャンパンで♪』





流川心の声(きたーーーーーー!また。こんなにもついてるなんて・・・・・・・おばさまあざす<(_ _)>)




おばさま『初めての指名&同伴記念という事でシャンパン飲もっか♪』



流川『いいんですか!?○○ちゃんがよければ是非飲みたいです!!』




(Sの改革以来、ご来店される女性のお客様へはだいたい「ちゃん」付けが義務付けられている。それもホストクラブの醍醐味。)






と、初指名。初同伴。初シャンパン。と




お祭り騒ぎですよ。流川。





と、それから毎日のように来店していただき



その都度、イチゴ味のシャンパンをオーダーしてくれるんです。




流川心の声(記念でシャンパンじゃなかったんかいw)





と思いながら。(笑)




と、そのおかげで流川、中間発表で初めての2位!という結果に。




イチゴのシャンパン恐るべし。。。。




後輩Bを余裕で追い抜くことができました。



そして、元新人王で現№3だったAさんも追い抜くことができ・・・・





ごぼう抜きです。




まだ、中間発表でしたが




初めてナンバーに入ることができました。





と、そのイチゴのシャンパンをオーダーしてくれるおばさま・・・略してイチゴのおばさまから




指名をもらいだしてから、なんか調子が良かったんです。





うちの店は宮崎で唯一、夜9時からオープンしているお店だったので




お昼働いているお客様の来店率が非常に高かったんです。






そこで、色々飲み屋がある中でなぜホストクラブへ行ってみようと思ったか。という事を聞いてみました。





そこでダントツで多かった意見が。




社会科見学?(笑)



って皆さん口をそろえて笑いながら言うんです。




中には、




目の保養をしたい。


現実逃避。


なお意見はありましたが



皆さん社会科見学からドンドンハマっていくみたいですね(笑)





と、社会科見学をしに来るお姉さま方、同じ年の女の子


と年齢幅が非常に広かったんですよ。


そして流川この時(イチゴのおばさまから指名をもらいだした時期)


お店で誰よりダントツで送り指名率が多かったんです。


しかも、看護師さんが主に…(笑)





良い職業ですよね♪





何よりも収入も安定していて、給料自体も悪くないでしょ?むしろイイ方だと思いますw


(風俗や、キャバ嬢は給料が安定していないため確実なものに繋がりにくい。)


と、ホスト目線ですみません<(_ _)>





そんな方々に気に入られ。


定期的な来店を見込めるようになり、



指名率もどんどん上がっていきました。




(例えば月一で来店されるお客様を100人掴めれば、




ざっと指名100本です。




無理なく成績をあげることができます。)





それでも流川ウハウハです。


と、トントン拍子で事が進んでいるころ。



新しい後輩が入ってきました。



Bの情報いわく、




その後輩は自分よりも年上で




地元で有名な○○兄弟とかなんとか言われていた兄の方の




ヤンキーMさんでした。



見た目、雰囲気、そんな方じゃなかったんですけどね~。


めっちゃやさしい人でしたもん。



と、仲もよくなるわけですよ。


もちろん。仕事中はそのMさんは自分に敬語です。


自分は仕事上、先輩になるのでがんばってタメ語・・・・・・



ですがプライベートでは逆でした(笑)



自分が敬語でMさんがタメ語w



変な関係でしょ?



営業中も一緒にフリーのお客様へ着くことも多かったんです。



そこである二人組のお客様へ着いた後。



流川『Mさん~あのさっき僕が着いてた方の女の子めっちゃかわいかったんですけど。Mさんどう思います?』


Mさん『あの子??ああ。あの流川君と同い年の子ね。可愛いって流川さんが言ってくれるなら・・・・可愛い思いますねw   』




・・・・・・


Mさん『あれ、俺の妹ですw』





流川『え!?すみません(-_-;)(笑)ただ普通に可愛かったのでw』




Мさん『いいよいいよ♪流川君、いい人やから紹介しようか??とりあえず明日にでも聞いとくから♪』




流川『ええ?/////そんないいんですか!?ちょっと恥ずかしいですがお願いしますお兄さん(笑)』






Мさん『やめてってwそんなお兄さんだなんてwあ、敬語使わんといかんのやったねw』






・・・・・・こんな会話もありつつ。




その日、来店していたMさんの妹ちゃんは送り指名はBでした。





元々地元の後輩という事で、送り指名だったとかなんとか・・・・(-_-;)



流川一安心。





次の日。Mさんからメールが来ました。



『妹ね~。彼氏と別れたばっかだったみたい♪流川君の連絡先教えていい??』




流川返信



『はい!お願いします(*^^)v可愛いとか言っての言わないでくださいよ~。恥ずかしいからw』




Mさん返信




『もう言ッちゃった(笑)ごめんごめん。妹もすごい嬉しがってたから仲良くしてやって♪』




すると。妹ちゃんからメールが


『Mから聞いてメールしました・・・/// こんなうちをよろしくしてやってください<(_ _)>』




それからどんどん妹ちゃんと距離を縮めるわけです。



と、仕事もプライベートも順調順調♪




これこそリア充!ってやつですかw



それから1週間後に、Mさんの妹が来店。




もちろん流川を指名。



楽しく過ごしてその日は終わりました。





営業終了後・・・・・レジのFさんから




『社長が事務所まで来てってさ!何か話があるみたいよ』




なんか変な予感。



流川『失礼します。流川です』


と事務所に入る。



すこし重い雰囲気が漂う。



社長『率直に言うけど、Bのお客さんだとわかって連絡先交換したの?』



出た。この話。


Bが何を言ったのか知らないけど。



流川『いや、そういう事じゃなかったんです・・・・・』



と一部始終話しました。


社長『今回は仕方ないけど、うちはそれ爆弾行為になるから気をつけんと。ほんとはすぐクビにするとこだよ。』



流川『はい。すみません。』


社長『おれからBにも伝えとくから。これから頼むよ~♪今成績伸びてるんだから。』




あ~ビビった。



とりあえず許してもらえたけど・・・・・




Bのやつ何言いやがったんだよw



(爆弾行為とは、簡単に言うと他のホストを指名してると知ってて連絡先を交換したり、故意に奪う行為。)


爆弾行為といっても他にもいろいろありますが、今回流川がこれに該当していたみたいです(-_-;)


うちは働きやすい環境を作るため、少し厳しいルールもあります。




まあ、そのルールがなければお客さんの取り合いが日常茶飯事だったでしょうね。


昔、ある店舗から移籍してきたホストがヘルプとしてテーブルに着いていたんです。


すると、指名ホストがいない間にお客さんと連絡先を交換しまくっていて


1週間くらいでその移籍してきたホストは退店。




元々自分がいお店に戻り、そこで連絡先を交換したお客さんを自分の店に呼ぶ。



って感じで悪ホストがいたみたいなんです。



それからそういう行為がダメになったみたいです。



流川!そんなことしないもん!悪くないもん!!!!(笑)



・・・・・多分w



続きは次回!【Episode2 支配人の本気】



Bの悪行

イチゴのおばさまとの駆け引き

10月の№発表


を書いていきます。


コチラでブログもやっています(*^^)v

よろしければ遊びに来てください♪

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

流川 ゆ

初めまして^^初就職で7年間ホストクラブに勤めました。一年で代表になり。ナンバー1に昇りつめました。そこで起きた汚いこと。楽しかったこと日々を綴っていきます。よろしくお願いいたします。

流川 ゆさんが次に書こうと思っていること

|

流川 ゆ

初めまして^^初就職で7年間ホストクラブに勤めました。一年で代表になり。ナンバー1に昇りつめました。そこで起きた汚いこと。楽しかったこと日々を綴っていきます。よろしくお願いいたします。

流川 ゆ

初めまして^^初就職で7年間ホストクラブに勤めました。一年で代表になり。ナンバー1に昇りつめました。そこで起きた汚いこと。楽しかったこと日々を綴っていきます。よろしくお願いいたします。

流川 ゆさんの他のストーリー

  •  ~ホームシック。~

  • 流川 ゆさんの読んでよかったストーリー

  • 妊娠8ヶ月の妊婦が東京に一人旅して、見知らぬ外国人と朝の4時から築地へ寿司を食べに行ったお話。1話