【3】痛みと温度が同居した日 ~決意の瞬間~

▲他1件のストーリー
【3】痛みと温度が同居した日 ~決意の瞬間~
▼他19件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
780
中学校に入り 相変わらず地に足のつかない日々。
自らに押した できない子という烙印も もはや日常に溶け込んでいました。


いまなら よくわかる。
自分にとって そして誰かにとって ひび割れたように見えていたって
それは ちょっとした味わいなのだと。


変わらずに映画だけは愛していました。
たくさん見た訳じゃなかった。
こころに響く作品を何度もみた。

この頃はデビッドリンチ監督作品に魅せられていました。
TVで放送された ツインピークスシリーズは本当にすきだった。

人の闇が美しく思えたのは この作品のおかげ。
現実と夢が交差する世界。
監督はわたしに見えている世界を見ている人なのかもしれないと 安堵した。

そして わたしが愛してやまなかったのはジョナサン・デミ監督作品
ジョディフォスター主演の「羊たちの沈黙」
作品は非道なまでの残酷をうちつけるモノで好きだったわけではない。
わたしが恋をしたのは主人公クラリスの 瞳 。

その瞳はガラス玉とシャボン玉のあいだにあった。

とても強くて でも弱くて 
怯えているのだけど やさしい。

大人なのに・・・
とても素直で正直なその瞳に恋をした その時

わたしは女優になることを決めました。
そして必ず 映画で主演デビューをすると。

その時、13歳。

そして3年後の15歳のトキ

わたしは生まれてはじめて出逢ったのです。

息づく鼓動と衝動を おさえられないほどの自分に。




読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

中村 麻美

15歳のトキ映画「ファザーファッカー」で主演デビュー。その後、数々の映画にたずさわる。 現在は潜在意識に関するカウンセラーもやっていますhttp://www.humanwaltz.com/

中村 麻美さんが次に書こうと思っていること

|

中村 麻美

15歳のトキ映画「ファザーファッカー」で主演デビュー。その後、数々の映画にたずさわる。 現在は潜在意識に関するカウンセラーもやっていますhttp://www.humanwaltz.com/

中村 麻美

15歳のトキ映画「ファザーファッカー」で主演デビュー。その後、数々の映画にたずさわる。 現在は潜在意識に関するカウンセラーもやっていますhttp://www.humanwaltz.com/

中村 麻美さんの他のストーリー

  • 【5】痛みと温度が同居した日 ~映画監督との出逢い~

  • 中村 麻美さんの読んでよかったストーリー

  • 【語れば人はついてくる!】STORYS.JPで創業メンバーを採用した話