この世で一番おいしいゼリーは、たらみのオレンジゼリーだと思う。


夏はゼリーがおいしい季節。ひんやり冷たくてツルンとしたのどごし。

普段甘いものを全く食べない私にとって、ゼリーは唯一の糖分補給源。


コンビニに行けばたくさんの種類のゼリーが置いてある。

スーパーに行けば、ワゴンに山積みのゼリーたちに会える。


でも、一番美味しいのはたらみのみかんゼリーだ。


一般的な「並」のゼリーたちは、まずゼリーがふにゃふにゃだ。

柔らかすぎる。

ツルンと喉の奥へ入らないといけないのに、「並」のゼリーたちはスプーンを入れた瞬間、ふにんっとなる。

なんだろう、元気がないとでも言おうか。やる気がないとでも言おうか。


次に、「上」のゼリーたちは、世間では贈答用に使われるちょっと高価なものたちだ。

「どこどこ産のうんたらみかんを使いました」

「どこどこ産のうんたら白桃を使いました」

と、中に入っている果物がブランド物の場合が多い。

美味しい。確かに、果物は美味しい。

でも、高かったらそら美味しいわ。

そんな「上」のゼリーたちも、案外ゼリーはふにゃふにゃだったり、さっくりしてたり、結局こだわってるのは果物だけかい。

ゼリーちゃうんかい。


一番ダメなのは、「並」にもなれない「並」以下のゼリーたち。

人工甘味料の味が濃く、アメリカのお菓子かと突っ込みたくなる。その癖色合いは鮮やかで、着色料の存在が非常に見え隠れする。

ゼリー特有のプルンプルンとした食感はハナからないようで、

スプーンをさすと

 

スン・・・


と音も感触もなく入っていく。

「並」以下のゼリーたちには、プルンとした弾力も、ツルンとしたのどごしもない。

そして、果物が入っていない!

ほんでもって、蓋が開けづらい!

それで、100円とか150円とか、“いっちょまえ”の値段がする。


ゼリーは悪くない。

作った人間の舌が、悪いのだ。

これをおいしいと思ってる人が悪い。ゼリーは悪くない。



たらみのゼリーには、絶妙だ。

ツルンとしたのどごしも、スプーンをさした時の弾力も完ぺき。

ジューシーな果物がたくさん入っていて、人工的な味もしなければ、不自然な鮮やかさもない。

蓋も開けやすい。

それでいて、100円とか150円とかで買える、良心的値段。


これぞ、ゼリー界のトップを走る堂々たる所以。


トップかどうかは、私が10年前に決めた。

そしてみかんゼリーが一番なのは、一番ベーシックで一番おいしいから。


解ってる。

個人の好みすぎるっていうことは。



それでも、あれほどに絶妙に完ぺきにバランスのとれた、完璧で素朴で優しいゼリーって他にある?

あるなら教えてほしい。



なかなか、見つからないと思うぞ。




カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のコマツ マヨさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。