長男君が生まれた日のこと《プロローグ》

1 / 3 ページ

後編: 長男君が産まれた日のこと《前編》

導かれた妊娠


結婚して6年目の夏。

無性にピンク色の服が着たくなった。

それまでの私は黒かグレーの服しか着なかったのだけれど、なぜかピンクが着たくてたまらなくなり、似合うとか似合わないとかそんなことは全然無視して、その夏は欲望のおもむくままに浅黒い肌にピンクの服を着続けた。

全身ピンクのその装いはさながら


「お前はパーコか!」


と突っ込みたくなるような、目を覆いたくなるいでだちではあったが、小汚いオタク女子から多少は女子度がアップした夏であった。

周りからイタいおばさんと思われようが、私としては欲望が満たされて大変満足である。


さて、それからひと月程経った頃、今度は無性に占い師に観てもらいたくなった。今思い返せば、私のターニングポイントはいつも占い師だけれど、とにかくその時も、こちらの意思とは全く関係なくあっというまに占い師のところに行く手はずが整ってしまった。


義妹が行ってきたというデパートの一角にある占い師の所に行き、小さな紙に名前と生年月日を記入して占い師に手渡した。そこの占いは四柱推命で、生年月日と生まれた時間をコンピューターに入力するとその結果が紙に印刷されて出て来る。一瞬、

え・・・コンピューターで占うなら、この人いらないんじゃ・・・

と思ったけれど、どうやらこの結果を踏まえた上で、手相なども見ながら総合的に判断するらしい。この女性はただ占い結果を読み上げる人ではないようなのでとりあえず安心した。


仕事運を占ってもらうと、

占い師
あなたに一番ぴったりなのは出家することね!


と言われて「そりゃないわー!お金稼ぎたいのに・・」などと当惑していたが、話を聞くうちにこの占い師が突然聞いてもいない子供運のことを話し始めた。


この時、私たちは結婚して6年が経っていた。

子供はいなかったけれど、私自身は子供は欲しいともいらないとも思っていなかった。

子供を育てるという経験が必要であれば出来るだろうし、そうでなければ出来ないだろう。すべては神任せだ。


こういうところがあるから「出家しろ」と言われるんだろうけど。


とにかくこんな風に思っていたので、正直なところ、子供が出来るためのアドバイスみたいなことを言われるのは少し迷惑に感じていた。

しかし、この占い師の話を聞いているうちにそうとも言っていられないような気持ちになってきたのである。

占い師の話はおおむね以下のような内容だった。


占い師
あなた達の子供はそうね・・・出来なくはない。ただ、あなたのご先祖の中に望まれずに生まれた末に大事にされず、幼いうちに死んだ子がいる。その子があなたの家系に子供が出来ることを邪魔しているから、その先祖を供養しなさい


考えてみれば、たしかに私の家系は子供が出来ないとか流産・死産が多い。それにしたって、


先祖のタタリってそんなのアリなの!?


疑いつつも、やはりタタリは怖い。

ちなみに霊感の強い甥っ子は、家の廊下の隅に髪と手をだらりと垂らしてこちらをにらんでいる女の人がいると言って、小さな頃によく泣いていた。

トイレのあるその廊下に近づくのは小学5年生になった今でも実は怖いらしい。

みんなの読んで良かった!