TEDxKids@Chiyodaで学んだこと

あれは昨年の5月か7月か忘れたけど、その頃のこと。
以前からの知り合いの樋口悟さん(以下Satoruさん)という方がTEDxKidsの運営をお手伝いするとのことでした。
僕は「へ〜、凄いな。面白そうだな。」と思いました。
なぜなら、僕自身がTEDというイベント(というかプレゼンがとても好きだったからです。)
*ちなみにTEDについてよく知らない人はこちらをどうぞ
TEDについて、まぁ難しいことはよくわからないのですが、
・イノベーティブな人たちが
・世界を変えようとするアイデアを
・プレゼン形式で説明するショーで
・カッコイイもの、という印象です。
まぁ、僕自身錆び付いた(といえ、1日何時間も使ってますが)英語のブラッシュアップのために良く聞いているということもあるのですが。。
で、樋口さんからも「TEDxKidsの運営メンバーを募集しているみたいだからプレイベントに来てみたら?」という話があり、一度そのイベントに行ってみることにしました。
イベント会場は表参道のとあるおしゃれなビルの中。20人位の人がいて、この時のテーマは運営メンバー向けの会合ではなく、どちらかといえばスポンサー向けのイベントでした。(なので、大手から中小まで企業の方が多かった気がします。)
主催者は青木竜太さん(以下Ryutaさん)という方。落ち着いた話し方の人で、どうも日本のTED界(というのがあるのか分かりませんが)では非常に有名な方のようでした。
Ryutaさんが語るTEDの魅力と、また2012年10月28日に行われるTEDxKids@Chiyodaのコンセプトにすっかり僕は興味しんしんとなってしまいました。
蛇足ですが、今迄知らなかったのですが、
・TEDとTEDxは違うということ
・TEDxは誰でも開催できるということ
・ただしそのためのいろいろなルールを守らないといけない
ということをその時に知りました。
そこでその会が終わった時に、是非TEDxKids@Chiyodaを手伝わせてほしいということをお願いしました。
そうしたら、あっさりと、「いいですよ〜」ということになり、運営側としてお手伝いすることになりました。
そして、どうも1週間後くらいに、運営メンバーの集まる会があるので、是非そちらにも来てみるようにと言われました。
(以下続く)
TEDxKids@Chiyodaのサイトはこちらです。
ブログにも少し書きました。是非ご覧ください。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のF Aさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。