■小学生時代にDJに憧れた男が一つのラジオ番組の終焉に語る想い③大学生・社会人編

1 / 3 ページ

前編: ■小学生時代にDJに憧れた男が一つのラジオ番組の終焉に語る想い②中学・高校生編

◇一人暮らしの僕とラジオ~大学生編~◇

大学生となった僕は憧れの一人暮らしを始めた。めぞん一刻の様な古いアパートに入り家賃35,000円の風呂なし(コインシャワーのみ)・トイレ共同の生活だ。慎ましやかに生活はしていたつもりだが、学費と一人暮らしの生活費の双方を稼ぐにはバイトをする必要がかなり出てきて大学1年生~2年生の時にはラジオを聴く余裕も持てないほどだった。(僕の経験してきた数々の深夜バイトに関する記事はまた改めて後日記載予定)


しかし大学3年で始めた新聞社のバイトで大分余裕を持つことができるようになり、めぞん一刻館からオートロック付きの築浅マンションに移ることができるまでになった。ここで僕はADSLなどのインターネット環境を整えネットの世界にどっぷりと浸かるようになっていく。当時からラジオ×インターネットの相性は非常に良い物で中でもオールナイトニッポン等の優良コンテンツはネットを通して情報を入手したり、実際の音源を聞く機会も多く持つことができた。ここで僕は木曜深夜25:00~27:00のナインティナインのオールナイトニッポンをガッツリと聞くようになる。


・ナインティナインのオールナイトニッポン

<演技力とハガキ職人>←こちらの記事にもあるようにナイナイのオールナイトは古き良きAM深夜ラジオの形を順守している。ハガキ職人がコーナー毎に時事ネタを交えながら渾身のネタハガキを投稿しそれを岡村さんがなりきって読んでいく。やべっちはあくまでも相槌をうったりツッコミを入れたりでテンポを良くする役。そしてTVではあれだけテンションの高い岡村さんがラジオでは落ち着いたトーンで喋っているのが印象的だった。やべっちと岡村さんの関係も面白く互いに「矢部さん」「岡村さん」とリスペクトを感じさせる呼び方で非常に良い関係性を感じることができる面白くもそこで巻き起こる人間模様に心を通わせられる番組だった。


心に残る数々のコーナーやエピソードトークも印象深い。「悪い人の夢」は勿論のこととして「ジャネット」「2時の時報」「お正月の帰省トーク」「出川哲郎との僕たちのLOVE&SEX」「下ネタ投稿には何もあげません(毒まんじゅう)」「豚汁師匠の行方」「ハガキ職人の破門」「汁親」等々番組独自のルール・共通言語がどんどん伸びていき、それがあればあるほどナイナイの2人と僕たちリスナーの間に秘密が増えていくような気持ちで親近感が湧いていくのだった。


◇OHで聞いたオールナイトニッポン~社会人編~◇

そんな僕も社会人となり仕事をするようになった。社会人となり働くようになると中々ラジオを聴く余裕を持つことも能わず、ラジオからはしばらく離れた。起業家を目指し数社を渡り歩く過程で出会った妻と結婚し、子供も2人生まれた。


2人目の娘の妊娠がわかった際にエコー検査で次女の肺に黒い影があることを医師に指摘された。肺に腫瘍の様なものがあり、それが膨らみ他の臓器を圧迫してしまい最悪死んでしまうリスクもありうるという病気だという。病院を転々とする中で最終的に日本でも有数の小児治療施設のある国立成育医療研究センターで産むこととなった。


妻も出産迄に入院のリスクがあると言われ(実際50日間入院することになった)、産んでからも何かあった際にすぐに駆けつけられるようにしておく必要があると考え、それまで都心まで1時間近くかけていた通勤時間を極力0にしようと最寄りの駅近くの地場の不動産会社に僕は転職した。不動産業者といっても色々あるが僕が働いていたのは本当に町にある不動産業者。マンションや戸建てを買いたい人・売りたい人・借りたい人・貸したい人の間をつなぐ業務だ。そんな業務の中でも僕が主に従事していたのが売買。中古マンションを売りたい売主の物件を買いたい人に紹介する仕事だ。中には競売物件を会社で買い上げリフォームをして売り出す社内物件の販売もある。


人気のある物件であれば検討中の買主に連絡をして即売れることもあるが、そんなに簡単に物件がばかすか売れるわけではない。そんな訳でお客様の多くを案内できる土日祝日に「お勧め物件」や「出たばかりの物件」で空室の場所をオープンにみてもらえる「オープンハウス」というイベントを毎週開催していた。週の始めにどこの物件でオープンハウスをするか決め週中にチラシを印刷し、それをポストに投函し当日にはのぼりを立て、現地案内の看板を出しオープンハウスを実施するのだ。


オープンハウスに入るのは土日それぞれの時間で1~2時間なのだがお客様が来ない限りは暇である。そこで読書をしたり宅検の勉強をしたりするわけなのだが、ガラーンとしたオープンハウスの空間で一人ひっそりと待っているのも退屈なものである。そこで僕は当時替えたばかりのiPhoneで音楽を聴いたりしていたのだが、ふとある時思いついたのだ。

もしかしてYouTubeでラジオ聴けたりしないかな…
iPhone
YouTubeアプリで検索すると出てくる「オールナイトニッポン」「JUNK」の文字の数々。
うひょーお宝の山やないかい!オープンハウスたのすぃー!!

というわけでオープンハウスの待ち時間をきっかけにYouTubeに上がっている深夜ラジオの放送を4~5年ぶりに漁るように聞くようになったのだ。ちなみに不動産営業は基本的に車での移動が多く車中でのラジオも良く聞くようになった。日中のAMに限らずBGMとしても楽しいFM放送も良く聴くように。更には通勤途中の電車内や休日のランニング・ウォーキング時にもラジオを聴きながら動くと非常に楽しく快適に運動ができることも判明し更に更に聴くようになった。遂にはジムで身体を動かしている時でさえもエアロバイクを漕ぎながらラジオを聴くようになった。ラジオ聴きながらなら1時間のバイクも楽勝なのだ♪そんな中で聴く番組もどんどん増えた。


◇今も聴く名番組たち◇

社会人になってから今も聴き続けている番組は下記だ。

◎は必須の勢いで聞き○はほぼ毎週聴く。それ以外は時間が合う時に生で聴くイメージ。


・木曜 ナインティナインのオールナイトニッポン

⇒引き続き!時事ネタも多く、ラジオ界のご意見番としての岡村さんの意見を聴く楽しみも。番組本も6冊出ている。

※ナインティナインのオールナイトニッ本 当然全冊コンプリートしている。嬉しいおまけCD付き。


・土曜 オードリーのオールナイトニッポン

⇒2008年のM1を敗者復活から駆け上がり準優勝をした勢いをそのままに現在に至るまで土曜の一部を牽引する存在。TVとは違う存在感を示す2人の姿が非常に面白い。例えば春日はあぁみえて凄く常識人。そしてひな壇が苦手。逆に若林はあぁ見えてラジオだと大暴れ。滅茶苦茶な要望をぶつけたりひねくれたりやりたい放題ででもそれが面白い。2人のバックボーンとなっている物真似小屋のキサラ出身のバーモント秀樹やビトタケシ、ビッグスモールンのゴンちゃんなど愛すべき芸人たちのエピソードや番組内で彼らに急にかける電話のやりとりも秀逸である。

※先日国際フォーラムで5000人のリトルトゥースを集めた番組イベント史上最大のショーパブ祭り


・水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論

⇒南海キャンディーズの山ちゃん。彼は根っからのアイドルオタクであり言葉の魔術師であり、お笑いを心から愛するラジオモンスターである。AKBの総選挙やじゃんけん大会ももクロの大会場のLIVEの後などにその温度感、盛り上がり感を共有するなら彼のラジオが最適だ。更には番組内のコーナー「子供たちを責めないで!」は時事いじりから山ちゃん責めに至るまで子供先生が次々に山ちゃんを責めたりたまに安田大サーカスのクロちゃんのtwitterをいじったりなど聴き所の一つだ。番組の最後にメールで募集したお題に対してリスナーが次々にボケをしかけてくるメールに「それは●●でしょ」「それは●●」と山ちゃんがマシンガンの様に切り返す様は聴いていてゾクゾクする神の領域の名人芸だ。

※南キャン山ちゃんとオードリ若林の未知数の掛け合わせ「たりないふたり」


・月曜バカリズムのオールナイトニッポンゴールド

みんなの読んで良かった!