「置口空助の発達障害克服論」10年で概ね克服した話⑧D事業所退職後(平成25年9月から平成26年2月)

1 / 9 ページ

前編: 「置口空助の発達障害克服論」10年で概ね克服した話⑦D事業所(平成21年11月から平成25年9月)
後編: 「置口空助の発達障害克服論」10年で概ね克服した話⑨発達障害の克服 (平成26年2月以降)


     


D軽費老人ホームを辞めた後

なかなか在職中は時間を割くことができなかったですから、今時間が十分にある状態はある意味自分にとって、宿題になっていた「発達障害の克服・軽減」ことを取り組むことのできる、貴重な時間だなと感じていました。自分の今後の人生を左右する大事な時間です。発達障害の軽減・克服の見通しが立たなければ、再就職はしないと決めました。


自分のことを低スペックのパソコンと感じることがあります。他の人と比べて能力が低いなと思いますよ。他の人が当然できるようなことができないですから。

「低スペッパソコンで、デフォルトではその能力がないのであれば、専用のソフトを脳にインストールすればいい」そういう発想で取り組んできました。足りないなら入れればいいのです。低スペックパソコンだろうが、そんなの関係ないですよ。


私の発達障害のアプローチの仕方は大きく分けて3種類でした。

①効率化の仕組み

②認知・知覚の仕組み

③メンタル強化の仕組み

これらになりますね。他の人に比べてできない事が多いのであればその仕組みを作ろう。こういうことでした。これが「頭の中にそのソフト入れる」という事です。

この時期には①番と③の仕組みを構築していました。 ②に関しては、五里霧中でしたね。

まったくもってきっかけすらない。

③番は、「100回忌CD」を徹底的に学ぶことになります。自分の中ではこれを行うことで自分が良くなる事を確信していましたね。自分の中では重要だと思っていました。執着していたといってもいいでしょう。具体的に言うと、まだ、「100回聞きCD 」の文字おこしと「すること・しないこと」の抜き出しをしていました。




そしてフラッシュバック

    


辞めてから1ヶ月後位から、フラッシュバックが強くなりましたね、ある特定に人物がでてくるのです。T主任ではないです。仮にKさんとしておきます。なぜKさんが出てくるのかわからない。正直困りました。

ほぼ同時期にD事業所に入社をした方で、普通にいろんな話をして、それなりに仲の良かった人です。非常に女らしい女性ですが、いろんな部分がグラグラしている。と感じていました。

ほぼ初対面で、自分の身の上話、精神的に参っていたこと、旦那さんのことなど。話を聞いてくれる人なら誰でもいいタイプでしたね。非常に依存心が強い人という印象です。


辞める前の1年ほど前から、私に対して馬鹿にし、露骨に無視をすることがありまして、彼女なりに私に対して何か思うことがあるんでしょう。理由は判らないですし、多分話し合えば解決するだろうと思っていましたが、多分T主任のネガティブキャンペーンの影響があるのだろうと思っていました。ですから関係改善の必要性は感じなかったですね。人間関係は相互作用です。ようするに私が揺るがなかったら、相手は空回りしますので、結局元に戻るのです。そう考えると一過性のものといえると思います。むしろ「修行」です。


と思っていたのですがね(笑)。なぜKさんがフラッシュバックでやってくる。そして私を責めるのです。今までのフラッシュバックの中で、いちばん強烈なものですね。こんなに追い込まれたことはなかった。瘴気とともに現われて、しかもリアル過ぎます。さすがに24時間フルにいるわけではないですが、いつくるかわからないのも辛いですよ。


出てくると、「やはり自分が悪いのではないのだろうか?」と考えてしまうのです。解決策がない堂々巡りに陥っていました。自分が悪いではないという思いは、最終的には「自分なんて生きている価値がない」という考えになります。非常にまずい状況です。

フラッシュバックをある程度克服したと思ったら、今までで最強のフラッシュバックが来ました(笑)。

そんな中で私を支えていたのは、やはり斎藤一人さんの教えです。そして、「100回聞きCD」のまとめを終われば、このことが解決できると確信していました。根拠はないのですけどね。苦しみながらも、それでも少しずつ前進はしていたかな。




成果物系「仕組み 効率化」


介護職でした①

みんなの読んで良かった!