『命をいただく』〜忘れてはいけない事〜

自分の住んでいる街に『食肉流通センター』がある。
牛や豚を食肉加工するところだ。

いつものように仕事のトラックに乗り、先頭で信号待ちをしていると、スーと右折車線にトラックが並んだ。
ふと荷台に目を向ける・・
『大きく育った牛』が乗っていた・・・。
目が合った・・。
「ここを曲がるのか・・」
その先は『食肉流通センター』
これから先で何が起こるのかを知ってか知らずか、牛の瞳は力強くも悲しい瞳をしていた。
胸が締め付けられる・・。
涙が出そうになる・・・。
信号が変わり、牛を乗せたトラックはゆっくりと交差点を曲がって行った・・。

自分は『肉』が大好きだ。
「焼肉食べ放題」なんて言葉は聞くだけで嬉しくなるし、もちろんよく行ったりもする。
こんな文章を書くなら「肉を食べなきゃいいのに」と思う人もいるかもしれない。
だけど、生きていく為には『肉』に限らず『魚』『野菜』などを食べなきゃならない。
  だから、忘れてはいけない。
大事なのは『命をいたただきます』の心と『決して無駄にしてはいけない』という事。

今日も美味しく『いたただきます』と。

著者の宮川 茂幸さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。