「自分は頭が悪い」と思っている人は教育の犠牲者。15万部の著者が「教育のありかた」について考えてみた

1 / 5 ページ

はじめまして。石崎秀穂といいます。

「誰?」と思う人が大半だと思うので、まずは自己紹介から。


<著書(代表例)>

・『基本にカエル英語の本』(スリーエーネットワーク)はシリーズ7万部を超えてもまだなお増刷

・『ゼロから始める!大人のための中学英語』『たった10語で話せる!大人のための中学英語』(高橋書店)のシリーズは、『基本にカエル英語の本』のシリーズに追いつきそうな勢い

・『もう一度中学英語』(日本実業出版社)は3刷


このように「英語が苦手」と思っている人たちにむけて、何冊か英語の本を出しています。

英語の著書だけで、合計15万部ちかくになりました。

ちなみに、最近、『0(ゼロ)からやりなおす中学数学の計算問題』(総合科学出版)も出しました。英語以外にも本を出しています。


自己紹介が長くなってしまいました。

さて、本題です。


■授業についていけない生徒は、切り捨てて当然!?


大手塾で働きはじめたときのことです。

当時、新人だった、わたしは困り果てていました。


なぜなら、ゆっくり丁寧に講義すると、成績優秀な子どもたちが退屈で遊びはじめてしまいますし、かといって、スピードアップして話すと、今度はついていけなくなる子どもたちが遊びはじめてしまうためです。


そこで、その校舎の責任者でもある古株の講師にアドバイスを求めたのですが、「授業のスピードは成績の真ん中より上にあわせて、それについていけない生徒は切り捨てろ」と言われてしまいました。


確かに塾や予備校の経営という観点からみれば、正しいのかもしれません。

「苦手」と思っている子どもたちや成績がよくない子どもたちに時間をさいて偏差値40~55の高校や大学に入れるよりも、成績が優秀な子どもたちを集めて偏差値が高い高校に入れるほうが、お金になりますから。そういう生徒はすでにやる気もあるので、教えるのも楽ですし。


わたしから見れば、同じかわいい生徒。

しかも、同じ料金を支払っています。

みんなに勉強を好きになってもらいたい。


でも――。


ついていけない生徒が悪い。努力不足。

塾の経営上、仕方がない。


そう思い込んで働いていたのですが、結局、嫌になりその塾を辞めました。

ただ、それは本筋とは関係がないので置いておいて……。


実は、このような状況は今も変わっていません。

教育現場では「ついていけない生徒が悪い。努力不足」という旗の下、授業では、真ん中の成績より下の生徒が切り捨てられているのです。


ちなみに、それは講師が悪いのでしょうか?

みんなの読んで良かった!