「死ぬまでに会いたい奴リスト」に載ってる奴らに会ってきた話 〜ローマ編〜

1 / 9 ページ

後編: 続「死ぬまでに会いたい奴リスト」に載ってる奴らに会ってきた話 〜ローマ編〜


私には「死ぬまでに会いたい奴リスト」というのがあってだな、正確に言うと "昔会った事があり、連絡先も無く簡単に会う事ができないけど、死ぬまでにはもう一度だけでいいから会っておきたい奴" がリスト化されており、今回はそのリストに入ってるヤツに苦労して会いに行った話しを書こうと思う。



● プロローグ


その昔、私がまだ会社を作る前にローマでよくつるんでた日本人とイタリア人混合の10人グループがあったんだ。


メンバーは日本人の私、タカ、ムネ、ゴウ、カズ、ミク(仮称)、ノリコ、イタリア人のジョルジオ、ファブリッツィオ、マルコ(仮称)の9名に加え、パスクアーレやエリサやダビデやアンジェロなど不定期参加のイタリア人数名。(仮称ってなってるのは当人達の希望により名前を出したくないという事なので一応伏せた)


家賃が割と高いローマ市内でも有数の一等地であるパンテオンやナヴォーナ広場近くにあったムネの家が私達の溜まり場だった。今思い出しても、もうそいつら当時18〜23歳と若いもんだから、みんな馬鹿で悪くて本当に楽しい奴らだった。





自分含めてイタリアに居る理由は人それぞれあってな。一般的な語学留学、絵画留学とかサッカー留学とか音楽留学以外では、まあイタリアくんだりまで来てるだけあって、日本に居られなくなって非合法組織の追手から逃げてきた奴とか、本人の意思が無いのに親の命令で強制的にローマに住まされてる某芸能人の親戚とか、卒業旅行中にローマで恋に落ち帰国するも忘れられず戻ってきてそのままローマに住み始めてイタリア人の追っかけやってる娘とか、外国人部隊の傭兵上がりで殺人慣れしてるとか、信じられない様な色んな素性の奴がたくさん居たんだ。


そして単にローマ在住日本人と言っても数百人単位で居る訳で、日本人社会と言っても色んな人が居て日本人とあえて距離をおく人も居れば日本人としかつるまない人達も居たり様々だ。




● 旅行観光業界カースト制度


当時は日本人のイタリア旅行客がかなり多く、旅行業界関係は食い扶持がたくさんあった。

湾岸戦争までを第一次ヨーロッパ観光ブームとしたら、時は1993〜2003年頃までの第二次ヨーロッパ観光ブーム時代。過去にフランスに行った人は「次はやっぱりイタリアでしょ!」っていう人が増えてきてイタリア政府観光局はキャンペーンを張り、日本の旅行会社はこぞってロンパリローマ(ロンドン•パリ•ローマ3都市周遊)とイタリア周遊(ローマ・フィレンツェ・ヴェネツィア・ミラノ)を売り、女子大生は卒業旅行でプラダ本店でバックを買うのが定番行事になってたあの時代な。





この後のストーリーの理解を深めて貰う為に、ここで当時の職業別人間関係について触れておこう。

当時の旅行観光業界は独特のカースト制度が出来上がっていた。というのも、日本なら会社が終わればそんなに頻繁に仕事関係(上司部下というより取引先)の人と遊びにいく機会は滅多にないだろうが、狭い街だし行く店は限られるし、狭い人間関係しか築けない人達は、仕事関係者とつるむのが普通だった。


そして仕事の上では完全な縦割主従関係で、仕事以外での飲みとか食事は接待なのか飲みニケーションなのか遊びなのかの線引きが曖昧で結局プライベートまでその主従関係が存在してた様に思う。


勿論、旅行会社の方やガイドさんにはそんな壁を感じさせない、というより対等に扱ってくれたいい人がいっぱい居たのだが、一部にはあからさまにお前が気に食わないから、または接待されないから、または賄賂を渡さないからだから競合会社に便宜を図る…みたいなことも事実多々あった。


あんまり多くを書いてしまうと困る人が居るだろうからこの辺にしておくが、当時の旅行観光業界カースト制度をざっくりこんな感じにまとめてみた。



① 現地旅行会社のオフィスワーカー

>

② 通訳ガイド

>

みんなの読んで良かった!