2度目の卵子提供、行ってきます。

1 / 3 ページ

【二度目の卵子提供いってきます】




みなさんはじめまして。

ichika(いちか)と申します。

一度目の卵子提供で渡米して約一年。


初体験を終えた後、私が体験した卵子提供のことを発信しはじめて半年。


また、新たな発見がありそうな予感がしています。



*****************************************************************************************


【1】突然の連絡



「いちかさん。

 ご無沙汰しております。

 昨年は卵子提供のご協力ありがとうございました。

 いちかさんは現在まだドナー登録がされている状態なのですが、

 今後ご依頼が入った場合ご協力いただくことは可能でしょうか?


 もし、今後の提供を考えていないようであれば登録を外させていただきます。

 お時間のあるときにお返事ください。」





以前お世話になったエージェント(仲介業者)の担当さんからメールが入った。


さぁて、どうしよう。

特に継続を断る理由もないし、逆に登録を続ける理由もない。

未知の体験への好奇心は前回の卵子提供で満たされている。


うーん。。。


『あ、でも登録続けたところで依頼があるかわからないし。

 だったら、登録だけしておけば?』


そんな心の声に肩を叩かれ、私は担当さんへ返事をした。


「私でよければ。また依頼がありましたらご連絡ください。」



それから2日。

たった2日で依頼が入った。予想外。


「いちかさんへの問合せ、多いんですよ。ご協力助かります。」


なんかすっごくモテている気分。

顔?学歴?体格?血液型?

もちろん何が魅力的に映ったのかわからない。


あ、最初に顔を挙げたけど自信あるわけじゃないよ。

ほら、何事も第一印象が大事でしょ?笑


それにしても。

問合せ人数の真偽は置いといて、

人に必要とされていることって嬉しい。

そんな性格だから、人から頼み事されると中々断れないんだけど・・・


さすが2回目。

そこからはトントン拍子に話が進んでいく。


何事も一度経験している、ということは1つの強みだと思う。

担当さんとのやり取りにしても、渡米までの流れにしても。

もう把握できているから。


自分の仕事のスケジュールを組み直して、

友達の結婚式には万全の(お酒が飲める)体調で参加できる候補日を提示。


アラサーって友達の結婚式の予定から休日が埋まっていくよね。



その後は1度目と同じ流れ。

すっごい心に余裕がある。

前回みたく担当さんに不安な気持ちがすり替わった

攻撃的なメールを送ったりすることも無い。


もう心は渡米してたり。

あのお店にもう一回いこう、とか。

今度はあの辺りを散策しよう、とか。

ホテルのベルマンのおじちゃん元気かな?とか。

というか同じホテルなのかな?とか。

ついでに前回お友達になったお姉さんへ連絡をいれてみる。


だけど、心の片隅で今回の自己注射痛かったらどうしよう、とか。

採卵数一気に減ったらどうしよう、とか。


騒がしいな、わたし。




以前の体験記を書いてから、

友人や出版関係の方とお話する機会が多くあった。


「自分が不妊だとして、そこまでしようとは思わない」

「養子をもらえばいいのに」

「卵子提供までは考えていない不妊治療中の方がみたら、嫌な気持ちになるかも」


そんな否定的な言葉を多数受けた。

それはそれで1つの意見としてあると思う。


だけど、「養子をもらえばいい」って本当にそうかな?

例えば自分の仲のいい友人に全員子どもがいる、という状況になったら。

不妊治療をしていたとして養子を貰う、という選択肢は逆に不自然な気がする。

むしろ、自分たちの子ども、という所にこだわってしまいそう。

そしてその時「卵子提供」という言葉の検索にいきつくような。

やっぱり少しでも血のつながりが欲しいと思うことは自然な思考回路な気がする。


ただ今回の依頼で、卵子提供まで望んでいない人がいる一方、

「私の卵子提供を希望している人も、いる。」

そのことがわかった。

だから、十分。


私は別に卵子提供のドナーを勧めるわけでもないし。


カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のイチカ エッグドナーさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。