失敗が『怖い』から『オイシイ』になっちゃった! ~価値観の変化~

1 / 6 ページ

失敗は恥ずかしい!

私の出身は神奈川。小学生の時から『失敗は恥ずかしいもの』という風に強く思っていた。

実際は思わされていたということだが。

なぜ、失敗が恥ずかしいものと思わされるようになったかというと、失敗をすると周りがそれを馬鹿にしたり、見てはいけない物を見てしまった、、みたいな雰囲気を作っていたからだ。

幼稚園の頃まではそんな事は感じなかった。

失敗なんて言うものは当然であり、だれも茶化したりしなかったからだ。




行きたくなかった運動会

小学生くらいから、『周りとの競争心』というものが生まれてきた。

そして、何でも『一番が偉い!カッコイイ!』という雰囲気がこれまた作られていた。

自分は友達とキャーキャー騒ぎながら走り回るのなんかは大好きだった。

鬼ごっこ、ポコペン、泥警など、、、本当に楽しかった。

それなのに、、走るのが嫌いになるタイミングというのも存在した。


『運動会』だ。


運動会だと、走り終わった後に強制的に順位が決められ、その順位の数字が書かれた旗の列に並ばされるのだ。


自分はコレが嫌でたまらなかった


自分がそれほど脚が速いこともなく、一位を取れなかったということもあるが、やはり、自分が嫌だったのは『競争』それ自身だった。


負けるのは全校生徒の前で辱めを受けるのと同じこと、、、

もし自分が勝っても、他の誰かは負けて悔しがる、、、

勝っても負けても嫌だ、、、

これが自分の正直な思いだった。

この気持はあまりにも強く、当日、仮病で休んだりもした。



夕方に一人公園で、、

さて、失敗を恥ずかしいと思わせる周囲の行為とはどんなものだったのだろうか?

小学校の昼休み、自分はクラスメイト達と校庭に遊びに出た。

そのうちの一人が言った。


「鉄棒やろうぜ!」

「お~、やろうやろう!」という子もいれば、「俺、いいや、、、」という子もいた。


自分は「俺、いいや、、、」の方だった。

なぜやろうは『!』で、いいやは『、、、』なのだろうか?

みんなの読んで良かった!