月収12万円だったしょぼい起業家が、新しいビジネスを立ち上げて3ヶ月で収入を30倍にした話

1 / 2 ページ

6年前、終わりの始まり


ああ、もうダメかもしれない・・


サプライズを企画する会社をはじめて6ヶ月。

オフィスが無いおかげで大きな固定費はないが、

収入源のあるビジネスじゃないのに社員を雇ったせいで

毎月100万円以上のお金が飛んでいく・・


社員に給料を払うために、自分の手元に残すお金は

月々の少ない生活費の12万円が限界。


つまり、月収12万円

これが起業して6ヶ月もたったその頃の私の月収だ。


用意した600万円も底が見えて、通帳の残高も20万円を切った時

頭のなかをいろんなことがよぎった。



このままどこかへ逃げちゃおうかなぁ・・



今まで何度もうまくいかないことがあっても、

なんとか切り抜けてやってきた。


でも、もう限界かもしれない。



私はパソコンの中の数字とにらめっこして頭を抱えた。


いいアイデアだと思ったんだけどな・・。


サプライズの企画会社を立ち上げ、

はじめのうちは友人や知人も面白がってサービスを利用してくれた。

会場を借り切って誕生日のサプライズパーティや

日常に突然サプライズがやってくるようなことを企画する会社。


だけど、人を雇っているのに単価が安いせいで、

毎月赤字が積み重なる一方だった。


広告を出しても反応はなく、駆け出しの弱小会社にお金を

貸そうという銀行もなかった。



「倒産」の二文字が何度も頭をよぎっていた。


ああ、お金さえあればなんとかなるのに・・


そんな時、携帯がブルブルとふるえた。



えええ??このタイミングで!?!?


し、師匠からだ!!!!!!


私の師匠はなんと6つ下で名前を「くぅ」という。

マッチングの会社を10社経営しながら(2008年当時)、

とてつもない人脈を持っている元銀座の超高級クラブのトップの美女だ。


私は彼女から人間としての考え方や起業のノウハウや

マーケティング、投資などを学んで起業した。


でも、彼女から教わったマインドやノウハウを頭の隅に

追いやってしまって自分の考えで突っ走ってしまっていた。


自分の考えにしがみついたから、この結果なんだ・・



そんなことを思いながら、電話で彼女の声に耳を傾けた。


くぅ
ちゃんと壊してる?ちゃんと手放してる?
は?どういうこと??


彼女の言うことはいつも意味不明なことだらけだ。


くぅ
どうせ、いろんなことに執着して身動きがとれないんでしょ?

いったん手放してみればきっとスッキリするわよ
こいけん
つくった会社を閉じろっていうこと??
くぅ
そんなこと言ってないでしょ。今までの固まったモノの見方を捨ててあたらし考え方をインストールしたらってこと。
こいけん
新しい考え方?
くぅ
あなた、がんばって稼いでいい暮らしをすることをゴールにしたりしてるでしょ?
こいけん
え?それじゃあダメなの?
くぅ
そもそもあなたは、なんでサプライズの会社を始めようと思ったのよ?
その「思い」の部分を忘れて、ビジネスがうまくいくはずなんてないし、幸せになれるわけなんてないじゃない。
こいけん
う・・・・
くぅ
大丈夫、どんな時だってうまくいく方法なんてのは何万通りだってあるんだから。
こいけん
で、できたらアドバイスをもらえたら嬉しいんだけど・・
くぅ
久しぶりに会って話でもしようか?
こいけん
も、もちろん!お願いします!!!!


私は彼女の申し出に、かぶり気味に返事をした。


2年ぶりの(恐怖の)再開


そして、2年ぶりに彼女に会うことになった。

前にコンサルをしてもらっていた高級ホテルのラウンジ。

懐かしい・・

昔、ここでこてんぱんにされたなぁ・・


思い出すだけで、心臓がきゅーっとなったが、

今はそんな自分のちっぽけなプライドのために

虚勢を張ってる場合じゃないとじぶんに言い聞かせた。


しばらくすると彼女が現れた。

相変わらず可愛い顔立ちにふわっとした服装。

とても10社を経営している敏腕オーナーには見えない。 


以前よりも少し大人びた雰囲気になったが

どこか凛とした空気感は変わらない。


くぅ
で?何を問題だと思い込んでるのよ?
こいけん
いや、思い込んでるっていうか・・
実際、大変な問題なんだよ!
くぅ
は??どんな時でも状況は問題じゃないわ。
あなたの在り方に問題があるだけなのよ?

私との授業で言ったこと、忘れたの?
こいけん
うっ・・・・
くぅ
あなたが、目の前にあることを楽しんで感謝しなきゃ現実が変わるわけなんて無いでしょ?

全部をワクワクが止まらないゲームだっていう捉え方をしなさいって教えたわよね?

ちゃんと今の状況に感謝してるの?
こいけん
なんか、批判とか不満ばっかりだったかも・・
くぅ
遊ぶ、ワクワクするっていうエネルギーだけが、現実を楽しい物にするんだからもっと楽しみなさいよ。
こいけん
う、うん・・
くぅ
変化をし続けること、今までと違う選択をすることが成功する秘訣なんだからね?
こいけん
は、はい!!

で、、具体的な話なんだけど・・
くぅ
わかってるわよ。

じゃあ、具体的にいくつか質問するから覚悟しなさいね。


-------------


それからボロクソ言われながらも、彼女に3時間コンサルを受けただけで、

新規の事業のアイデアが2つ思い浮かび、わずか2ヶ月でそのうちひとつが形になった。


具体的に何を言われて、なにをしたのか?

基本的にはたくさん質問をされただけ。


特にその中でも「自分に関わる人の困っていることは何?」

という質問のおかげで、うちの会社は復活した。


-------------

そのビジネスにお金を払ってくれるお客さんがいるか「リサーチ」をしたか?


★そのビジネスをやる「絶対的な理由」を意識していたか?


★枠を広げていたか?小さくまとまらずに基準を上げて考えていたか?


★お客さんに提供できる「体験価値」はなんだったのか?


★億万長者の自己紹介はちゃんとつくっていたか?

みんなの読んで良かった!

他20コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。