パニック障害と診断されたぼくがまずはじめにやったことの話。

「ピーポーピーポーピーポーピーポー。」


小学校のつまらない授業時間を思い出した。


授業中にこの音が聞こえてくると

決まって誰かが


「おい。⚪⚪迎えに来たぞ〜」


で、クラスが大爆笑の渦を巻く。


そんな記憶も今となっては果ての果て。


だって、

その音は本当に僕を迎えに来たのだから・・・苦笑(今となっては^^;)



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。