人生で一番モテた夜。〜男じゃつらいよ in シアトル

1 / 2 ページ

日本人はアメリカじゃモテない



これは定説でしょう。


貧弱で自信なさげな日本人はいわゆる金髪碧眼の美女にはモテない。


そして日本人の中でもさらに貧弱な僕はびっくりするほどモテない。


生まれて初めてのナンパをしたり、筋トレをしてみたり、いろいろ頑張ったけどそれはもうモテない。定説はひっくり返せませんでした。ちなみに年上だと思ってナンパした彼女は高校1年生でした。成功してても犯罪だったから相手にされなくてよかった。うん。






これはシアトルに1年間留学してた僕が、帰国直前に体験したエピソードです。霊験あらたかな話でもないしスケールの大きい話でも何でもないですが、僕の今までの人生の中ではまあまあ衝撃的な話だったので、ここに残しておきたいと思います。




ほんとに突然ですが僕はどっちかっていうとかわいい系の顔をしています。




だからよく言われたのが、


「女の子にモテなくても男の子にモテるよ!」




いやいや!別にモテたくないし!


おれ女の子が好きだし!


って内心「そうなのかぁ」ってドキドキしてたんですが、驚くことに1年間別に男の子にもモテませんでした。


自分にがっかりです。いや別にいいんだけどね。




ところで、シアトルには有名なゲイタウンがあります。市街地にほど近く、飲み屋街も兼ねていたそこは夜もにぎやかでとても陽気で明るい地区。たくさんあるゲイバーは連日愉快なゲイとレズビアンであふれています。




帰国も近くなり、せっかくだからゲイバーに行ってみたい!ということで、友達に連れてってもらうことになりました。彼女はダンサーで、普段ゲイバーで練習したりもするためそこらへんの事情には詳しいとのこと。


僕をゲイバーに連れてって!
いいよー。ハードなとこがいい?ソフトなとこがいい?
もちろんハードっしょ!

完全に油断していました。だって1年間男の子に全然モテなかったから。「アジア人はかなりモテるけど大丈夫?」と心配する彼女をよそに「どーせならハードでしょ!なんならハーデストでしょ!」と謎のチャレンジ精神に燃えていました。



そして待ちに待った当日。僕は彼女に連れられドキドキしながらハーデストゲイバーの門を叩きました。



ここで少しゲイバーの説明をしておくと、バーといってもイメージはナイトクラブのようなもんです。


入場の時にチャージを払い、手にスタンプを押されます。これが入場証代わり。僕が行ったところは確か6ドルくらい。


3階建てで、1階と2階は割と落ち着いて音楽を聴きながら飲んでる感じ。みなさんおいしいお酒と恋人とのキスを楽しんでいます。ちなみに僕はこの時初めて男性同士のキスを見ました。



ねぇチューしてる!チュー!
うん、チューだねぇ。


やけに落ち着いている友人の横で、僕は初めての場所にやけにはしゃぎまくってました。そう、まるで初めて遊園地に来た子供のように。


このあと自分がチューされることになるとも知らずに…。




そして最上階、3階は完全にアゲアゲイケイケチェケラッチョ状態。みなさん入り乱れて踊りまくってます。フロアの各所に一人用のステージが設置されていて、そこではレイザーラモンHGのような人達がポールダンスを披露しています。もうほんとムキムキ。そしてイケメン。腰を降るスピードはまさにフルスピードです。




ステージで踊っている方はピッチピッチのブーメランパンツを履いていて、そこに1ドル札を挟めるとすごい頑張ってくれます。「いやそれはもうアウトだろ」ってくらいパンツも下げてくれます。



(ステージで腰を振るパフォーマー)




いや、楽しいんですよ。すごく。別世界です。僕もテンション上がってノリノリで踊ってました。気になるのは一人のガッチリムッチリな黒人とよく目が合うなーってくらいでした。




端っこにバーカウンターがあり、そこでお酒を注文できます。うなる人ごみをかき分けてバーカウンターに向かっていると、おっさんに声をかけられました。


おっさん
Hey、君どっから来たの?
ジャパン!留学生だよ!
おっさん
オー日本!

名前は?君の顔はとってもかわいいね。

おぉ。も、モテている。


僕は今、確実に、アメリカに来て初めて、モテている。おっさん相手だろうが悪い気分ではない。


そこからはもう質問攻め。


「日本のどこ?」「年齢は?」「恋人はいるの?」「君とデートしたいな」


なんか段々やばいなと思ってたとこに「you so hot dude..(君はとってもいいよ…。みたいな)」と言われ、そろそろお暇しようかしらと思ったとこで、彼が僕の耳元に口を近づけてこう言ったのです。



おっさん
Hey dude…
ひゃー!///
おっさん
…何飲みたい?
……え?えっと…ジントニック、、
おっさん
OK…


おごってくれました。しかも僕に酒を渡した後は「楽しんでねー!」と陽気に言ってどこかにいってしまう。




…いい人じゃん!全然怖くないじゃん!




そっから味を占めた僕はさらに2,3人のナンパに快く応じました。みんな軽くおしゃべりしたらお酒を買ってくれてどこかに消えていく。






ゲイバー楽しい!!みんないい人!タダでお酒も飲める!


クラブでモテる女の子ってこんな感じなんだなぁ。と、なんでもっとはやくここに来なかったのと後悔したほどでした。


そしたらもっと僕のアメリカモテライフは充実したはずだったのに…。



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。