別れの夜はペヤングカップ焼きそばと共に

1 / 5 ページ

ホームステイ最後の夜。

僕は一人キッチンでペヤングにお湯を注いでいた。

「これで最後かぁ。」

ホストハウスには僕一人。荷物をまとめたスーツケースはすでに玄関に置いてある。

「ホームステイ最後の夜が一人って…」

そのペヤングは、いつもよりしょっぱかった。


(画像はイメージです。手前は僕ではありません。)


ホームステイ。それは運。

子が親を選べないのと同じように、ホストファミリーは選べない。

ホームステイ。それは修行。

まったく知らない文化に、身一つで飛び込んでいく。

ホームステイ。それは自然。

時には優しく、時には厳しく牙を剥く。


ホストファミリーとは家族のように。別れの日は涙を流し再会を誓う。何不自由なく、本当に親切に接してくれる。

運のいい半分はそうだろう。しかし残り半分は…。


シアトルでの1年間、最初の5ヶ月はホームステイだった。

メキシコ人のホストマザー、ナタリアと、オランダ人のホストファザー、ダニエル。

それに10歳のジョージと7歳のボブという2人の息子。犬のジョン。


この4人と1匹との共同生活は、おそらく生涯忘れないだろう。


初日。アメリカを知る。


留学、日本から来た僕を家で出迎えてくれたのは3人と1匹だった。ナタリア、ダニエル、ボブ、そしてジョン。

ジョンは僕に向かって吠えまくっている。慣れるまで一週間はかかるらしい。まじで吠えまくっている。

ジョージはボブにいじめられて部屋にこもっているらしかった。兄なのに。兄なのに…。


兄弟間の力関係がわかってきたところで、ナタリアが「昼食にしよう」と声をかけてくれた。

事前にもらっていた手紙では『No Junk Food』とあった。アメリカ家庭にしては珍しい。

渡米前には友人から「絶対太るよ!」とよく言われたが、ジャンキーなものが出ないのなら太るはずもない。

ジャンキーではないアメリカ家庭の食事とはどんなもんなのかと食卓へ行ったら、


宅配のピザとコーラが並んでいた。


僕「…。ジャンクフードは食べないんじゃないの?」

ナタリア「?これはピザよ?小麦粉とトマトの何がジャンクなの?」


なるほど。一理ない。

みんなの読んで良かった!