それは「心に風邪を引いた」ことから始まった③

今だったらどうしただろう?

今だったらわかることは沢山ある。

私のPCを勝手に初期化して、仕事の妨害をしても何のおとがめもなく

しかも他の同僚たちにまで怖れられていた後輩は

私がいることでずーっとパシリみたいな仕事しかさせられていなかった。

自分専用のPCもなければ、

船会社や銀行など、外出しないとならない仕事はすべて押し付けられて

事務仕事を任せてもらえなかった。


不満があるに決まってる。


私が気づいて、上司に掛け合うことだって出来たはずだ。

確かに税関に出す書類や有価証券などを扱っていたし、

分刻みで仕上げないとならないことも多かったので

新人を育てている暇はなかったのも事実。


当時の私は彼女の辛さやストレスに気づいてあげられなかった。

ランチタイムもプライベートも一緒に過ごすことが多かったのに

肝心なことはお互い何も話さず、コミュニケーションができていなかった。


彼女がいきなり手のひらを返して、

仕事を妨害し始めても、私は何も言わなかった。怒らなかった。

「どうしてこんなことをするの?」って

怒っていたなら、もっと腹を割って話しもできただろう。


そうやって向き合うことからも逃げていたのだ。


当時の私は何もわからなかった。

ただただ、体調が悪くなっていく一方だった。つづく


心の風邪予防に

無料メール講座「自分自身が歩くパワースポットになる!心の断捨離7つの習慣」

http://www.reservestock.jp/subscribe/25825

もよろしくお願いします。


みんなの読んで良かった!