絵を描いていこうと思う

 人と比較して、すでに書ける人と比較して、ああ、自分はこんなふうに書けないんだろうな。とそう思っていた。


 しかしながら、何もやっていないのに、そう決めつけてしまっても面白く無い。そもそもステージに立っていないし、そうすることは誰にも否定されない(下手な絵を見るのが嫌な人に否定されたことはあるかもしれない)。


 絵を描いてみようと思う。「どんなに年をとっても、新しいことを始めるのはいいことだ。」そう、胸を張って言えるように。


 有名なヒトカクの本のはじめにはこう書いてある

-------

あなたはきっと絵を描くのが大好きなんでしょう。そうでしょう、そうでしょうとも。


でないとこの本を見ていませんもの。絵が書きたいのに自信がないから描けないよと嘆くあなた、自信なんて才能なんて関係ありません。


あなたが描いていて楽しければそれでいいのです。


だから今すぐ描きましょう。

---------


 後に続く人に、こう言えるような人になりたい。そして、「それでもいいんだよ」といえる人になりたい。


 お金にならなくてもいい。ただ、今は絵を書きたいのだ。


<了>


HP http://underthesky.info

note.mu https://note.mu/underthesky/

mail cdr65820@gmail.com

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のKato Keiichiroさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。