何もにもなれない

この文章は以前note.muに書いたものです

https://note.mu/underthesky/n/ncd1c0ef06247


 世界は閉ざされている。何者にもなれなくて、日の目を見ることばかり良いとされる。可視化されすぎて、逆に薄れる世界。


 そこには何もなかった。ということにしたい。無力感で支配されている。孤独とともに生きている。自分の匂いしかしない空気を吸っている。


 世間が競争によって最上志向化され、ハイクオリティ化した。コミュニティに入るには個性が死ぬ。個性がないなら生きてる必要はあるのだろうか。インターネットは「何者にもなれない」人たちを量産した。閉鎖した空間では「何者」かにはなれたのではないだろうか。


 STAND ALONE COMPLEX。攻殻機動隊的ではない解釈を行うと、「孤立への執着」であり、それは、匿名な「何者にもなれない」人たちではないだろうか。


 何者にもなれないなら、無かったことにしたい。そういうものが自分のどこかにある


<了>

著者のKato Keiichiroさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。